ビットコインに財産価値はあるのか?金と比較してみよう

ビットコインは投資先として見られることが多いですが、そもそもビットコイン自体に財産価値はあるのでしょうか?
実はビットコインの財産価値は、安全資産として高い価値が認められている金(きん)と比較すると理解しやすいのです。
つまり、ビットコインには金と似ている部分があるということです。
どういうことなのか解説しましょう。

ビットコインも金も必要としている人が多い

まずは、金の財産価値がなぜ高いのかを考えてみましょう。
金の財産価値が高い1つ目の理由は、単純に「必要としている人が多い」という理由です。
欲しがる人が多く、たくさんの人に価値が認められていれば、当然財産価値は上がりますよね。
実はビットコインも、近年多くの人に必要とされ、欲しがる人が急激に増えています。
さすがに世界の安全資産である金と比較すると劣りますが、確実に財産価値は増していると言えるでしょう。
実際にビットコインは、仮想通貨市場が急激に活性化して以来、年々価格を上げています。
それだけビットコインを必要とする人が増え、財産価値も付随してきている証拠でしょう。

ビットコインも金も量に上限がある

金は鉱山から採掘して手に入れるものです。
もちろん無限に湧き出てくるわけではなく、数には上限があります。
ビットコインもまた発行枚数に上限があり、採掘(マイニング)によって新しいコインが発行されます。
ビットコインは最初から枚数がプログラミングされているので、これ以上枚数が増えることは絶対にありません。
数に上限があるということは、希少性を失わないということになります。
逆に数が無限にあるということは、珍しいものではなくなり、誰でも手に入れられるものになってしまうため、財産価値が薄れてしまうのです。
また発行枚数に上限があれば、価格が乱高下する可能性も低くなるため、インフレでも財産価値を発揮できます。
ビットコインの発行枚数は年々少しずつ増加し、上限が見えてくるにつれてどんどん価格の安定感が増すことが予想されています。

ビットコインも金も有事の際に持っておきたい資産

例えば世界的な経済危機が起こったときでも、金は安定して価値を発揮します。
有事の際に備えて金を保有しておいたり、世界的な経済の不安を感じたときに金が大量に買われたりというケースはよくあります。
「有事の金買い」と言われるほど、金の財産価値は認められているのです。
ビットコインにも、実は同じようなケースがあります。
2015年にギリシャで発生した金融危機の際には、ビットコインの財産価値に注目され、大量に購入されたのです。
今になっても、新興国民などにおいて自国の法定通貨より、ビットコインに財産価値を感じているという人は珍しくありません。
ビットコインの取引に国境は関係ないので、こっちの方が信頼できるということですね。
またビットコインは、金よりも決済方法としての使いやすさがあります。
金は安全資産としての地位を確立していますが、スムーズに決済方法として利用することはできません。
だからこそ、財産価値があり決済方法としても優秀なビットコインが、金と比べられることが多くなったと言えるでしょう。

まとめ

ビットコインと金には、これだけ共通している部分があるのです。
金はもちろん絶対的な安全資産ですが、個人投資家の中には少しずつビットコインに資産を移動させる動きも出ています。
おそらくこれだけ仮想通貨がクローズアップされたことによって、利便性に気付いた投資家による乗り換えが多く行われたのでしょう。
また金は価格が安定していますが、言い換えれば「価格の変動が少なく、利上がり益を狙いにくい」とも言えます。
ただ保有するだけでなく、利益を増やしながら財産価値も確保したいという投資家が、どんどんビットコインに流れているという現実も否めないでしょう。