ビットコインのマイニング利益は偏りがち?問題点まとめ

ビットコインのマイニングは、「Proof of Work(PoW)」というコンセンサスアルゴリズムによって行われます。
PoWは取引データの改ざんに強い優秀なコンセンサスアルゴリズムですが、マイニングによる利益が偏りだと言われています。
なぜビットコインのマイニングは、利益が偏りがちになるのでしょうか?
その他の問題点も合わせて解説します。

ビットコインのマイニング利益が偏りがちな理由

PoWでは、ビットコインの取引データをCPUで計算し、1番早く計算が終わったユーザーに対して報酬が支払われます。
大量の計算を一気に行うので、非常にスペックが高いパソコンが必要になります。
ということは、スペックが高いパソコンを用意できるユーザーの方が、マイニングに成功しやすいという事になりますよね。
これが、ビットコインのマイニング利益が偏りがちな理由です。
PoWは「仕事量の証明」なので、たくさん仕事ができる環境を整えられるユーザーが成功させやすく、利益が偏ってしまうのです。
マイニングの環境を十分に用意できないユーザーは、いつまでもマイニングに成功せず、電気代がかさんで出費が増える一方です。
PoWでかかる電気代は、「小さな国の電気代と同じくらい」とも呼ばれるほど膨大です。
ましてやビットコインの取引を始めたばかりの初心者ユーザーにとって、マイニングに参加して利益を得るというのは、あまりにも非現実的と考えられます。

ビットコインのマイニング利益の偏りを改善するPoS

ビットコインのマイニング利益が偏りがちという問題点を解決するために、「Proof of Stake(PoS)」というコンセンサスアルゴリズムが誕生しました。
PoWが「仕事量の証明」であるのに対し、PoSは「掛金の証明」でマイニングを行うコンセンサスアルゴリズムです。
簡単に言うと、マイニングの対象となる仮想通貨をどれだけ保有しているかで、承認者が決定するというマイニングです。
一気に大量の計算を行うマイニングではないため、PoWと比べて電気代が大幅にカットされます。
またそこまでスペックの高いパソコンが必要な訳でもないので、PoWに比べると少しは利益の偏りを改善する事もできます。
ただ「コインの保有量」が承認者を決めるマイニングと聞くと、結局は多くの資産をつぎ込み、たくさんコインを購入し保有できるユーザーに利益が偏りそうに思えますよね。
もちろん、少なからず1回目の承認に関しては、多くの資産があってたくさんのコインを購入できるユーザーが有利でしょう。
ただPoSの承認に関係するのは、コインの保有量だけではありません。
「コインの保有期間」も、承認者を決める大きな要素となります。
すなわち、長い期間多くのコインを保有しているユーザーが1番承認されやすくなるということです。
例え大量のコインを保有していても、それがほんの数日前に購入したものであれば、PoSの承認基準である「Coin Age(保有期間×保有量)」の重要度は低くなります。
ビットコインでもPoSが採用されるようなことがあれば、今後マイニングによる利益の偏りはもっと改善できるかもしれません。
また初心者でも参加しやすいマイニングの環境が整うことで、ビットコインだけでなく仮想通貨全体に興味を持つ方が増えるでしょう。

まとめ

ビットコインのマイニング利益は、資産が潤沢なユーザー、または環境が整っているユーザーに偏りやすいという話をしました。
これは初心者にとって好ましいことではありませんが、ある程度やむを得ない部分もあります。
PoSではハッシュ関数の計算を大量にしなくてはいけませんし、現状どれだけ承認が早くても10分前後はかかってしまいます。
ビットコインは、スケーラビリティの問題も大きくクローズアップされています。
環境が整ったユーザーによるマイニングが、ビットコインのスケーラビリティを悪化させない方法の1つでもあるのです。