ビットコインを取り扱う大手取引所を比較してみました!

ビットコインを取り扱う取引所は数多くありますが、今回はビットコインを取り扱う大手取引所4社を比較します。
それぞれの取引所にどんな特徴があるのかを把握し、自分に合っていると感じる取引所を選択してください。

bitFlyer

bitFlyerは、ビットコインを取り扱う取引所の中で1番長い歴史があるため、今回比較すべき1社として選出しました。
ただ歴史だけでなく、大手企業が数多く出資しているため、資本力も非常に高いです。
ビットコインのレバレッジ取引ももちろん可能で、ビットコイン自体の取引量は群を抜いている取引所です。
アルトコイン取扱いはそれほど多くありませんが、ビットコインの取引所としては1番信頼と実績があると言えるので、比較する際は選択肢に入れておきましょう。
信用や実績は、ビットコインの取引所を比較する上で非常に重要な要素です。
まずはbitFlyerの口座開設をして、それから他の取引所を選択するという方法でもOKでしょう。

Zaif

Zaifの大きな特徴は、何と言っても「取引手数料がマイナス」という点です。
ビットコインの取引に限りますが、取引をすればするほど、手数料がもらえるという画期的な仕組みを実現しています。
取引手数料マイナスを実現している取引所は、日本国内ではZaifだけです。
取引手数料無料で凌ぎを削る取引所が多い中、ビットコイン取引のお得さで言えば、Zaifは頭1つ抜けていると言っても過言ではありません。
またZaifでは、「積立投資」も利用できます。
積立投資は、毎月同じ額の仮想通貨が自動で購入されるというサービスです。
ビットコインの取引にまだ不安がある初心者でも、気軽に利用できるところがメリットです。
また相場の状況に応じて購入量を調節してくれるため、大きく損失を出す危険性も少ないです。
ビットコインを取引する取引所としてメインで利用するのであれば、他と比較してもZaifはメリットが多い取引所だと言えます。

GMOコイン

GMOコインは、大手金融持株会社である「GMOフィナンシャルホールディングス」の子会社である「GMOコイン株式会社」によって運営されています。
GMOコインは、アルトコインの現物取引におけるスプレッドがとても安いのが特徴です。
アルトコインの現物取引に慣れてくると、スプレッドの安さがどれほど重要なのか理解できるはずです。
したがって、早めにGMOコインで口座開設をしておくことをおすすめします。
スプレッドが安いということは、アルトコインのわずかな値動きで利益を獲得できる可能性が上がるということです。
またGMOコインは、ビットコインのFXに関しての評価も高いです。
レバレッジは国内取引所で最大の25倍までかけることができます。
GMOコインは、ビットコインを取り扱う他の取引所と比較して、利益を最大限に引き出しやすいと言えるでしょう。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、ビットコイン以外にもアルトコインを多数取り扱っており、アルトコインでもレバレッジ取引ができるところが特徴です。
ビットコインのレバレッジ取引はそれほど珍しくなくなりましたが、アルトコインのレバレッジ取引ができる取引所は限られています。
ビットコインの取引は、機関投資家が多く参入するようになり、以前よりも利益を出すのが難しくなっています。
ただアルトコイン市場はまだそれほど機関投資家が参入しておらず、今の内にDMM Bitcoinの口座を開設しておくことをおすすめします。
もちろん市場への参加者が少なければ、取引が成立しない可能性が上がるため、メリットばかりというわけではありません。
ただアルトコインのFXに興味がある方は、1度チェックしておきましょう。

まとめ

ビットコインを取り扱う取引所を比較すると、それぞれに異なった強みがあることがわかります。
今回紹介した取引所は、たとえ利用しなくても、とりあえず口座開設をしておいて損はない取引所ばかりです。
もしメインで利用する取引所を決めかねている方は、この4社から選択することをおすすめします。