ブロックチェーンと金融業界にはどんな関係があるのか?

ブロックチェーンは仮想通貨における重要なシステムとして機能するだけでなく、企業のプラットフォームとしての実用性にも注目されています。
特に金融業界との関係は密接で、これまでの銀行システムが不要になるのではないかとも言われています。
詳しく解説しましょう。

現行の銀行業務と仮想通貨の仕組みを当てはめてみよう

もっともブロックチェーンと関係が深い金融業界の職種に、銀行が挙げられます。
銀行が行う主な業務は、預金や為替、貸付です。
仮想通貨の仕組みにこれらを当てはめると、コインの保有量を管理したり、堅固なセキュリティでコインを守ったりすることが“預金業務”に当たります。
またユーザー同士でのコインの取引を可能にすることが“為替業務”と言えるでしょう。
ただ現行の銀行業務と仮想通貨の仕組みで決定的に違うところは、“特定の管理組織・団体”がいないというところです。
仮想通貨の取引内容はブロックチェーンを利用して記録され、世界中のユーザーによって保有されています。
もちろん仮想通貨の利用者は、ブロックチェーンの中に記録されたデータを確認することもできます。
またブロックチェーンを活用すれば、ユーザー同士の取引は24時間365日可能で、ユーザー間で直接やり取りができます。
特にブロックチェーンは、複数の台帳を介さないといけない現行の国際送金システムを大きく改善することができます。
このように代表的な金融業界の職種である銀行では、ブロックチェーンで特定の管理団体を必要としなくなるだけでも大きく進歩します。
これまでの銀行システムが不要になると言われているのは、ブロックチェーンの活用でアップデートが可能だというのが大きな要因でしょう。

ブロックチェーンが金融業界に新しいコミュニティを作る

先ほど解説したように、ブロックチェーンを活用すれば現行の銀行システムの必要性は下がり、ユーザーにとって非常に利便性の高いものになります。
それだけでなく、“特定の管理組織・団体が必要なコミュニティ”というもの自体を根底から覆し、新しいコミュニティを作るとも予想されています。
元々、非中央集権的というのは仮想通貨の大きな特徴として認識されていたので、このような展開になることはごく自然だと言えるでしょう。
ただこのような展開は、ユーザーにとっては嬉しい事ではありますが、銀行にとっては脅威だと言えます。
したがって銀行は、現行のサービス内容を調整し、ブロックチェーンを取り入れたサービスでニーズに対応していく必要があるのです。
ブロックチェーンによって銀行の必要性がなくなってしまわぬように、現行のサービスにおけるオーバーヘッドを改善した“再仲介プラットフォーム”として機能することが重要でしょう。
銀行は積極的にサービスの向上や多様化を目指さない限り、金融業界からシャットアウトされてしまうとも言われています。
とはいえ現行の銀行システムとブロックチェーンを比較すると、“信頼性”という面ではまだ現行の銀行システムが優位に立っていると言えます。
ブロックチェーンの仕組みを事細かに理解している方は少なく、導入が進んだとしてもユーザーの利用が一般的になるまでは、多少時間がかかるでしょう。
それでも、銀行でブロックチェーンが大々的に導入されるのは時間の問題なので、今の内から将来を見据えたロードマップを作成し、1つずつ遂行していく必要があります。

まとめ

ブロックチェーンが金融業界、特に銀行に与える影響は大きく、金銭と取り巻くシステムが大きく変わろうとしています。
これからの1番理想的な展開としては、まず銀行がブロックチェーンを定着させ、ユーザーの取引環境をアップデートさせることです。
また銀行が存在意義を失わないように、これまでの預金、為替、貸付といった主な業務以外に、ニーズのあるサービスを提供することも重要でしょう。