似て非なるもの、電子マネーと仮想通貨の違いを理解しよう

仮想通貨についてよく知らない人は、電子マネーのようなものではないかと考えているのではないでしょうか。
しかし、仮想通貨と電子マネーは似ているようで、全く異なるものです。
電子マネーと仮想通貨の違いについて知っておきましょう。

電子マネーと仮想通貨の違い

まず、電子マネーというのは、どこかの企業が提供するサービスの事であり、その企業に現金、もしくはクレジットカードにより代金を支払うと、電子マネーとしてカードや端末にその金額がチャージされます。
電子マネーの決済端末があるお店で支払いをするとき、そのチャージした金額内であれば電子マネーでの支払いができます。
電子マネーで支払われた分は、後日運営会社からそのお店へと、決済手数料を差し引いて支払われる事となります。
つまり電子マネーは、法定通貨を担保として支払い、その範囲内で電子的に支払う事ができる、というシステムなのです。
これが電子マネーの仕組みですが、それに対して仮想通貨はどう違うのでしょうか?
仮想通貨の場合は、企業が運営しているのはごく一部です。
それ以外は、仮想通貨のマイニングを行うマイナーなどがそのネットワークを支えており、運営会社など中心となるものはありません。
仮想通貨を手に入れるには、マイニングといわれる作業を行う事で報酬として受け取るか、もしくは取引所というところで他の人から購入する事になります。
ビットコインなどは販売所もありますが、販売所は価値を統一して明確にしているだけで、取引所と大した違いはありません。
仮想通貨の使い方としては、そのネットワーク内のサービスを利用する為の利用料として支払うか、もしくは決済方法として使う、取引所で売買する、という使い方が考えられます。仮想通貨の保管や送信をするには、専用のウォレットというアプリケーションなどが必要となります。
電子マネーと仮想通貨の大きな違いとしては、電子マネーの場合は運営会社があり、決済する為の端末が必要なので、日本の電子マネーはほとんど日本でしか使う事ができません。
それに対して仮想通貨の場合は、世界中のどこであってもウォレットさえあれば、共通する通貨として使う事ができます。
また、電子マネーの場合は法定通貨を担保としている為、その価値は法定通貨に準じるので常に一定です。
しかし仮想通貨の場合は、特に担保としているものがない為、その価値は常に変動する事になり、この点が双方の大きな違いです。

電子マネーと仮想通貨はどちらが便利?

実際に使おうと思った場合、電子マネーと仮想通貨はどちらが便利でしょうか?
これについては一概には言えません。
例えば、日本に住んでいる人が日本で買い物をする場合、電子マネーの方が便利でしょう。仮想通貨による決済は、まだそれほど利用可能なところが少なく、価値も変動する為、例えば5万円で購入した仮想通貨が、決済に使う頃には3万円分の価値しかない、という可能性もあります。
ただし、タイミングによっては8万円分の決済が可能という場合もあるので、損をするかどうかはタイミング次第です。
海外との決済をするのであれば、まず日本円の電子マネーは使えないと思った方がいいので、電子マネーで支払う場合は相手の国の法定通貨に対応した電子マネーのカードやアプリを必要不可欠となり、さらに両替してチャージする必要があります。
しかし仮想通貨であれば、たとえ外国であっても気にする事なく、決められたレートに沿って支払いができます。
その為、一概には言えませんが、狭い範囲では電子マネーが、広い範囲では仮想通貨が便利といえるでしょう。

まとめ

電子マネーと仮想通貨というのは、似ているようで全く異なるものです。
現在は仮想通貨を利用した国際的な送金システムを開発していますが、こうしたシステムがどんどんと開発されて仮想通貨が身近なものとなった時には、仮想通貨での支払いも非常に便利なものとなるでしょう。