ビットコインの仕組みに関する事をきちんと理解しよう

仮想通貨の中でも特に有名なビットコインですが、その仕組みについてはよくわからない人もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、ビットコインの仕組みに関する解説を行っていきたいと思います。

・仮想通貨とは

ビットコインの仕組みを説明する前に、まず仮想通貨とは何なのか、ということを説明していきます。
仮想通貨というのは、通貨という名前のようにお金の一種です。
ただし、仮想とついていることからも分かるように、現実として存在するものではありません。
ロゴなどはあっても実際に見ることはできず、ただデータとして存在するだけの通貨です。
ゲーム内で使える通貨も仮想通貨の一種といえるかもしれません。

ゲーム内通貨も、現実には持ち出せず、データとして存在しているだけのものです。
しかし、ビットコインとゲーム内通貨では、その仕組みや目的などがまるで異なります。
ゲーム内通貨はあくまでそのゲーム内で利用できるもので、ゲームを円滑にプレイできるようにすることが目的です。

しかしビットコインは、現実の取引をスムーズに行うために使われます。
ゲーム内という限られた世界に限らず、現実の通貨と同じように使えることを目指すのが、ビットコインなのです。

・ビットコインはどんな仕組み?

ビットコインは誰がどうやって発行しているのでしょうか?
発行の仕組みについて考えてみましょう。
ビットコインはブロックチェーンによって管理されています。
ブロックチェーンというオンチェーンは、一定のデータをブロック状のイメージで保管し、それを時系列に沿ってチェーン上に連なった状態で保管していくものです。
ビットコインの取引データはそこに保管されています。

このデータについては、正しく保管されているかを検証するマイニングという行為が行われます。
マイニングを行うのがマイナーと呼ばれるユーザーで、マイナーはマイニングを行う事で新しいブロックを生成する権利を獲得し、ブロックを生成するとマイニング報酬として新しいビットコインが発行されます。
ブロックチェーンのデータが保管されているのは、ネットワークに参加しているユーザーのコンピュータです。

データの一部分をそれぞれが保管しているような状態であり、単体では意味がないものの組み合わせる事でデータとして利用できるようになっています。
ブロックチェーンはネットワーク全体で管理しているため、中心となる管理者がいなくても問題なくネットワークが構築されています。

・ビットコインの優れた仕組みとは?

それではなぜ、仮想通貨というのはこれほどまでに普及して来たのでしょうか?
その理由として、仮想通貨の先駆けとなったビットコインの仕組みが優れていた、という事があります。
ビットコインのブロックチェーンの仕組みとして、新しいブロックを生成する際に、前のブロックのデータも同時に保管される、という事になっています。

どういう事かというと、例えばいくつか前のブロックに保管されているデータを改ざんしたいと思った時は、そのブロック1つだけではなく、その先のブロックをすべて改ざんする必要がある、ということになるのです。

しかしビットコインのブロックチェーンというのは、ブロック1つを生成するのにネットワーク全体のコンピュータがその計算能力を使っても、10分かかるように設定されています。
そして改ざんしている間も、常に新しいブロックが生成されているため、少人数のコンピュータでは最新のブロックまで追いつく事ができないでしょう。
このため、ブロックチェーンというのは改ざんが実質的に不可能といわれているのです。

・まとめ

ビットコインの仕組みを利用することで、新しい取引方法やサービスなどが考案されています。
そしてそのサービスごとに仮想通貨が作成されているため、現在のように多数の仮想通貨が生まれてきました。
現在はさらに、ブロックチェーンから発展したネットワークなども構築されていて、仮想通貨自体もまだまだ盛り上がっていく様子を見せています。