【ETC】業界初の定額レーザー複合機で会社の経費削減!

業界初の定額レーザー複合機で会社の経費削減!

法人向けのノーリスクな節約案件を公開!

会社経営されてる方にとって
「毎月の資金繰り」に頭を悩まされることも多く、

お金の問題は胃の痛くなる大変な苦痛を伴うもの

世間一般の不景気に引きづられて
幾つものよくないニュースが飛び交います。

  • 人件費の削減
  • ボーナスの減給
  • 年金や退職金のカット

ところが「泣いて馬謖を斬る」ように
涙を飲んでこれらの決断を実行せずとも

「固定費を減らすこと」で
大幅な経営改善ができるのです!

「業界初の定額方式で経費削減!」プレゼンテーション(22分46秒)

「Win-Win」を必ず実現できる事業コンセプト

事業コンセプト「複合機におけるモニターAプラン」

今回ご提案するのは
「火災保険を利用したノーリスクな案件」

と同じOne’sBest(ワンズベスト)が取り扱います。

【VIP】リスク0で高額な保険金を引き出せる方法〜火災保険の上手な活かし方〜

2016.06.02

ほとんど全ての会社に備え付けてある
コピー機レーザープリンターを、

「よりお得な提供メーカー」
の仕組みに乗り換えるだけで
大幅な経費の節約が叶ってしまう。

【デメリットの一切ないお得情報】になります!

レーザー複合機のご契約の「90%以上がカウンター方式」

お仕事で使う書類の印刷などに欠かせない
コピー機レーザー複合機ですが、

その9割が「カウンター方式」を採用しています。

しかしカラー印刷できるはずなのに、

「モノクロ推奨」だったり
「一枚あたりの単価」が高かったり、

実はコスト効率の良くない現状があります。

一流ブランドのレーザー複合機で経費削減!!料金システムの不満をトナーシステムが解決!

せっかくカラーコピー機を購入したのに・・・

  • モノクロ推奨??
  • カラーコピー禁止!?
  • 思ってた以上に単価が高い!

そんな「よくあるお悩み」
「トナーシステム」が軒並み解決します!

「カウンター方式」は日本独自の文化

プリンター業界ではあまり知られてませんが
「トナー方式」という仕組みがあります。

実は海外ではこの「トナー方式」の方が主流なのです。

海外では「トナー方式」がメインストリーム

モノクロやカラー印刷の利用枚数によって
料金を上乗せする
「カウンター方式」は、

いわば『日本独自の文化』です。

そちらの方が提供元の収益性が高いため
こぞって推奨されるのですが、

利用する立場の経営者にとっては

毎月の経費が必要以上に
かさむことは避けたいですよね。

レーザー複合機は「リース契約」が一般的

レーザー複合機そのものは本体価格で
「100万円から200万円」
ほどかかるので

分割やリース(貸し出し)での契約がほとんどです。

一括支払いだと「資産計上扱い」になって
会社の経費として落とせないので、

ほとんどの会社は「経費として計上」できる
月々のリース契約を希望されます。

「カウンター方式」の問題点を「トナー方式」が一挙に解決!

従来の「カウンター方式」では

  • 白黒コピー1枚で2.3円
  • カラーコピー1枚で14円

のように印刷枚数に応じた
「カウント料」が発生します。

つまり『刷れば刷るほど割高なお金がかさむ』のです。

これに加えてプリンタ本体
「リース代」も必要になります。

トナーシステムとは!?保守料金の支払い方法が違い舞う。カウント料なし!基本料金なし!

ですが「トナー方式」であれば

ご自宅に置かれる小型プリンターの
「インクカートリッジ」のように、

トナーの利用状況に応じて
必要なインクを買い足せばOKです!

保守メンテナンス無料!トナーの大量購入もOK!

月々のリース代は必要ですが、
トナー以外の追加料金は一切かかりません

しかもトナーを利用していれば
「保守メンテナンスは全て無料」
で対応してもらえます!

トナーシステムではトナーを購入すれば、保守は全て無料!

トナーの購入は「お客様に主導権」があり、
年度末に「一括で大量購入」いただいても大丈夫です!

「トナーシステム」だとこんなにもお得!!

これまでのカウンター方式では、

印刷のときに「会社のロゴ部分」など
カラーインクがわずかでも紙面に載ると

「カラー印刷としてカウントされてしまう」

というイヤ〜な問題がありました。

実際はわずかなカラーインクしか使っていないのに

「一律でカラーのカウント料を上乗せ」
されてしまうのです。

支払いは「紙面に使ったカラーインク分」だけ!

紙一面にカラーインクをベッタリ使う印刷
なんて滅多なことでは使う機会もないので、

このままだと大変もったいないですよね。

トナーシステムだとカラーなのに安い!

一方の「トナーシステム(トナー方式)」では、

一律14円かかっていた料金が、
約1.6円まで縮小します。

「およそ9分の1」に経費削減できるのです!

印刷物が2枚出てしまっても問題なし!

カラー印刷の料金体系として
単価で上乗せされてると、

「少しでも印刷代を節約しよう!」

として、わざとモノクロ印刷だけにしてみたり、
一枚の中に縮小して収めようとしがちです。

でもそんなに毎回うまくいくわけもなく、

印刷ミスや、2枚目にカラー印刷が
乗っかってしまうケースも頻繁に起こります。

トナーシステムだとトナー消費分のみ!

そんな時に「カウンター契約」の場合、
28円分(カラー印刷14円で2枚分)が請求
されてしまいますが、

「トナーシステム契約」なら
インクの消費量に応じた最小金額に収まるので、

28円 → 9円(トナー消費分のみ)と、
およそ3分の1の料金で済むのです!

「純正トナーの生産工場」と事業提携!

他の会社では
「トナー方式の提案さえしない」
ところがほとんどですが、

ごく一部のトナー方式を採用しているところでは

純正トナーを購入しないと
保守メンテナンスが受けられない
ので、

結果それなりに高く付いてしまいます。

ですが弊社ではありがたいことに
「純正トナーの生産工場」
とも事業提携してますので、

『非常に安価にトナーを手に入れること』
が可能なのです!

カウンタ料金一切なし!独自のトナーシステム

トナーカートリッジ「1本あたり数千円」から!

ゆえにトナー1本あたりの価格は、

「数千円から高くても4万円代」と、
とってもリーズナブル!

しかもモノクロ印刷に必要なブラック(黒)のほか、

カラー印刷に必要な
シアン(青)・マゼンタ(赤)・イエロー(黄)

計4色を使用して減った分だけ
追加で買い足せばよいので、

とても経済的で理に叶っています。

「エコモード」でさらに経費削減!

印刷には「印刷率(印字比率)」という指標があって、

トナー方式の参照単価である
ブラック@0.9円、カラー@6.3円

というのは印刷率6%の場合です。

(マゼンタ・シアン・イエローの各インク単体では@2.1円)

「印刷率100%」というのは
用紙一面にベッタリとインクが塗られた状態のこと

印刷率の比較100%・6%・3%

ワードやエクセル、パワーポイントの印字では
「印刷率6%」のインク使用で十分です。

エクセルで紙面いっぱいに
表が載ってるものでも印刷率は6%

社内向けにプリントする資料であれば
「印刷率3%」でも十分に内容は分かるので、

印刷率を半分に抑える「エコモード」
を使えば、さらに経費を節約できます!

エコモードで「トナー消費量は半分以下」に!

エコモードの「印刷率3%」なら

  • モノクロ印刷 @0.45円
  • カラー印刷 @3.1円

極めて安上がりな料金体系になります。

社内用に資料を用意するならこれで十分

エコモードでさらに節約!トナー消費量は半分以下!

例えば「デザイン会社」なら印刷物に
インクをベッタリ載せることもあるので、

印刷率の高いプリントばかりするなら稀に
カウンター方式の方が安くなるケースもあります

しかし「印刷ミスについてもカウント」されたり、

カラーインクがほとんど消費されていなくても
「一律で割高な支払いが請求される」ので、

一般のほとんどの会社であれば
「トナー方式」の方が
大幅な経費削減につながります!

トナーシステムの「料金体系」

「トナー方式」でもリース契約できます。

カウンター方式なら
「リース代 + カウンター料金」

になるところを、

トナー方式なら月々のリース代のなかに

「本体代・カウンター料金・保守メンテナンス費用」
まで一通り含まれています!

カウンター料金0円!必要な機能を全て搭載+低コスト

あとは必要な時に限界まで卸値を下げた
「純正トナー」を安価で買い足せばOKです。

最もオススメなのが「定額方式」!

「トナー方式」はご紹介してきたように

  • カウント料金0円!
  • 印刷ミスしても平気!
  • カラーの単価も安い!
  • エコモードでコスト軽減!

と、本当に良いこと尽くしです。

しかも、さらに一押しな仕組みとして
「定額方式」というものまでご用意してます。

「定額方式」はなんとリース代のなかに

  • 本体代
  • トナー代
  • カウンター料金
  • 保守メンテナンス費用

これらが全て含まれます!

つまり完全な固定費のみ
レーザー複合機の利用が可能なのです。

定額方式でのリース契約は「業界初」!

大手コンビニに置いてあるような
大型・高性能のレーザープリンターで

定額方式というのは「業界初」です!

最大で「月に2万枚まで印刷可能」なレーザー複合機

2千枚の機種や4千枚の機種など、
ご要望に即した端末を幾つも取り揃えています。

「某一流・超有名ブランド」のレーザー複合機

これらの「トナー方式」「定額方式」
リース契約する大型レーザー複合機は、

聞けばどなたでも

「あぁ、あそこのメーカーの!」
「それなら安心ですね^^」

そう思わず納得する超有名企業の製品です。

守秘義務があるために
インターネット上では明かせませんが、

誰でも知ってるような
「超一流メーカーのレーザー複合機」
なので必ずご安心いただけます。

「業界最安値」で提供できる最大の秘密

リースする複合機は
「頑丈で壊れにくい」
ことで業界内でも評判で、

「1本のトナーが大容量」
なのでかなりの枚数を刷れます!

某有名ブランドの複合機は部品が長寿命!1本で60万枚コピー可能!差額をお客様に還元!

しかもその会社の「純正トナー」
大規模に生産している工場と提携
できたことで、

どこよりも安価に純正トナーを
仕入れられる体制を実現しました!

「ご利用状況」に合わせてご提案します!

機種ごとに「刷れる枚数の目安」があるので、

御社に担当スタッフがお伺いして、
ご利用状況に応じて1つ1つ個別に

『最善のご提案』をさせていただきます!

機種別 月間使用枚数(耐久)の目安

デザインや出版系の会社だったり
印刷枚数が少ない企業様であれば、

まれに「カウンター方式」「トナー方式」
ご提案させて頂くこともありますが、

基本的には「定額方式」が
最も安上がりで理に叶った契約内容です。

定額レーザー複合機の「料金シミュレーション」

「カウンター方式」から「定額方式」へ切り替えた際の料金事例です。

いくら削減できるかご提案させてください!一流ブランドの複合機で経費削減!!

①月間の印刷数が2千枚

モノクロ:1000枚x@3円
カラー:1000枚x@15円
現状合計:月間2000枚

モノクロ:3000円
カラー:15000円
リース:20000円
現状合計:月額38,000円

定額レーザー複合機に切替で
「月額28,800円」に!

月1万円、年間12万円
経費削減!!

②月間の印刷数が1万枚

モノクロ:5000枚x@3円
カラー:5000枚x@15円
現状合計:月間10000枚

モノクロ:15000円
カラー:75000円
リース:20000円
現状合計:月額110,000円

定額レーザー複合機に切替で
「月額70,000円」に!

月4万円、年間48万円
大きな経費削減!!

③月間の印刷数が2万枚

モノクロ:10000枚x@3円
カラー:10000枚x@15円
現状合計:月間20000枚

モノクロ:30000円
カラー:150000円
リース:20000円
現状合計:月額200,000円

定額レーザー複合機に切替で
「月額100,000円」に!

月10万円、年間120万円
とても大きな経費削減!!

お客様のご利用状況(立地・機種・印刷枚数・台数・リース残額)によってご提案金額は変わります

月額3万円以上」をレーザー複合機にお支払いであれば、ほぼ確実に経費削減でき、
月間の印刷枚数が多ければ多いほど、割引額は大きくなります!

現行の「リース残額」も織り込んでご提案します!

上記の料金シミュレーションをご覧いただいて

「いますぐにでも乗り換えたい!」
と思った時に気になるのが、

現状契約している機種の「リース代」。

『あと4年間もリース契約が残ってるんだよなぁ・・・』

そんな風に気になさらなくても大丈夫です

今ご契約してるレーザー複合機の『リース残額』も、

こちらの月額費用に組み込んで
リース代金をご提案!

こちらで「リース残金を全て」立て替え致します!

リース代もコミコミで「月116,200円もの節約」に成功!

下記のケースは
立地条件契約台数などが相まって
「大幅な経費の節約」が実現できた事例です。

会社内でレーザー複合機を
いくつも契約されてるなら、

「かけること台数分」の経費が削減できます!

定額レーザー複合機 ご提案書サンプル

現状:196,000円
ご提案:79,800円

リース残金(48回分)も織り込み済み!

「入れ替えるだけ」で月間116,200円、
年間1,394,400円もの経費削減に成功!

まずは「お見積もり」を無料で作成いたします!

レーザー複合機に精通した担当スタッフ
直接お伺いして「御社に合わせたお見積もり」
【無料で作成】させていただきます!

商談の流れ 1 初回訪問 現状の把握 2 ご提案書・お見積書の提出 3 ご契約・納品打ち合わせ 4 納品・運用説明

初回訪問時「御社の現状把握」と合わせて
疑問点が全て解消いただけるように
「全体のお話」をさせていただきます。

次回ご商談の際に、
「お見積もり」をご覧になった上で
判断されてください。

担当スタッフの訪問・お見積もりともに【完全無料】です!

定額レーザー複合機トータルコスト比較

御社に大きなメリットが還元されるように、
「どこよりもお値打ちな価格」でご提案させて頂きます!

トナー方式は「全国どこでも対応可能」

弊社では割高なカウンター方式よりも「トナー方式」
トナー方式よりも格安な「定額方式」
第一にオススメしています。

その方がほとんどのお客様にとって
月々のお支払い金額が少なくて済み

結果として「大きな得」になるからです!

「トナー方式」については
日本全国どちらでも対応可能です。

カウンター方式よりも割安になることがほとんどなので、
ぜひ【無料見積もり】をご活用ください。

定額方式の「導入可能地域」

「定額方式」全国で対応可能なのですが、

保守メンテナンスで専任スタッフが車で回れる範囲
に対象を絞っているため、

ある程度ご利用地域は限定されます。

東京都・東京よりの神奈川と千葉・大阪・名古屋
・九州地域・沖縄・札幌・仙台・高松

といった主要地域に導入いただけます。

上記以外でも対応できる場合がありますし、

次点でオススメの「トナー方式でのご提案も可能」ですので
まずは一度ご相談いただければ幸いです。

印刷料金の見直しはもちろん、新規のお申し込みまで、
担当スタッフが親身にお伺いいたします!

最後までご覧いただいて本当にありがとうございます。