【VIP】仮想通貨の歴史を革新的に塗り替える史上最強の暗号通貨CARDANO(プレセール終了)

仮想通貨の歴史を革新的に塗り替える史上最強の暗号通貨CARDANO

カルダノADAプレセール後の流れ

2017年1月31日をもって、カルダノADAコインのプレセールは終了いたしました。

このあとの流れや必要となる手続き全般について、専用のメールマガジンや
サポート対応用のLINEグループで、随時ご案内しております。

今後の動向が気になる方は、下記リンクよりメール登録お願いします。

「暗号通貨CARDANO」スライド動画プレゼンテーション(64分12秒)

【VIP】暗号通貨カルダノADAエイダコイン取得方法と代理店登録(プレセール終了)

2016.11.07

カルダノ第3期プレセール延期の理由、詐欺商品の見分け方、究極の節税手法、セミナーの重大発表シェア

2016.07.05

「CARDANO ADA PROJECT」について、プレセール時の拡散のされ方によって

「ゲームやカジノに特化した暗号通貨である」
というイメージが先行していますが、これは正確ではありません

【ゲーミングやギャンブリングに付き物の不正を出来なくする】

という要素は、見込み客を得ていくための [入り口] でしかなく、

本来はもっと奥深く、人間全体の経済活動をカバーするほどの
極めて遠大かつ有意義な設計思想を秘めています。

そうした『カルダノADAコインの本来的な魅力』について、

こちらのWebページやメールマガジンで詳しくご案内していきます。

いよいよ世界最高峰の投資案件が公開されました!

僕の敬愛するメンターであり
年収10億円を楽々と稼ぎだす正真正銘の億万長者
である泉忠司先生から、

直接あなたに極秘案件が手渡され、

日ごと詳細なメールやビデオでの案内を通して
目を見張りのけぞるような未来地図が受け取れます。

今すぐに猛烈ダッシュで「メール登録」して

最短最速で億万長者への扉を開くための
「大いなる秘鍵」を授かってください。

世界一わかりやすいビットコイン大学のご案内 Bitcoin University 完全無料で「詐欺と本物の見分け方」が分かる授業を限定公開中!

→ メール登録せずに泉先生の授業だけ受けたい方はこちら

【解禁!】100円を1億2000万円にする方法

これはいわゆる「暗号通貨」のジャンルになります。

ただ「暗号通貨」といってもすぐにピンと来ないかもしれません。

日本では「仮想通貨」という名称で呼ばれていますが、
これは誤りで、正しくは「暗号通貨」です。

「仮想」という言葉は
実際にはない事物を、仮にあるものと考えてみること
という意味合いになりますが、

「暗号通貨」は仮そめでも嘘っぱちでもなく
事実列記とした「通貨」の一種であり、

暗号化技術を介して送金や各種サービスを管理して
相互監視システムによって不正を弾く、

「政府や銀行など中央機関の介在しない通貨の総称」です。

中央集権管理型から分散管理型へ移行。中央集権管理型のネットワーク中心にあるサーバー(民間銀行の勘定系システム)が、帳簿を集中管理。 → 分散管理型(P2P)参加者全員で同じ帳簿をそれぞれ持ち合う

仮想通貨なんて呼んでいるのは日本くらい

つまり日本は暗号通貨の認識において
世界でもかなり遅れている国なのです。

*「仮想通貨」という名称があまりにも定着してしまったために、
 市販の書籍などでもいまだこのワードが使われます

《池上彰さんによるビットコインのお話》

「暗号通貨」はこれから「非課税」になります!

2015年10月22日にEU(欧州連合)では、

暗号通貨の先駆けである「ビットコイン」を
正式に貨幣として認定しました。

ビットコインは「消費税非課税」、欧州裁(ECJ)が判決下す

さらに2016年2月24日に日本においても
金融庁が資金決済法を改正し、

ビットコインを「貨幣」と定義する法案
今春にも国会提出する見込みで進めています。

この流れのまま行けば
ビットコインの交換に係る消費税が
「非課税」となる可能性が高い
です。

いま極めてホットな話題を呼んでいる
「暗号通貨(仮想通貨)」について

正しい理解を深めたい方や、
その圧倒的に開かれた可能性の一端を
垣間見たい方
は、必ず詳細をご確認ください。

→ 「Bitcoin Univercity」に無料で入学

【期間限定!】今世紀最大級のチャンス到来!

このメール登録用の告知ページの中でも

→ メール登録せずに受けられるビデオ講義の中でも

泉先生がおっしゃっています。

ビットコインの上がり幅は現在でも625倍!。1000円が62万5000円、1万円が625万円、10万円が6250万円、100万円が6億2500万円に!

今すぐ莫大な富を得たい方も、
 暗号通貨の詐欺に騙されたくない方必見です」

「つまり日本というのは(暗号通貨について)
 世界で最も遅れている国と言っても過言ではありません」

リターンの可能性のデカさを考えると、
 これはやっておいた方がいい」

これ以上可能性が開けているものっていうのは
 他にないって断言します。
 これ以上のものがあったら教えてください

絶対このチャンス、逃さないでください!

とかなり語気を強めて自信満々におっしゃられています。

「年収10億円の億万長者」にそこまで言わしめる
『これからの一般公開を控えた暗号通貨の正体』
とは一体何なのか?

詳細はこのページにも仔細に追記していきます。

ただその前に、あなただけはこの古今未曾有の
大金を得られる波
に乗り遅れないように

今すぐにメール登録を完了させて、

現存する億万長者からの案内
受け取っておいてください。

僕も事前に泉先生から詳細を聞かせていただき、
この暗号通貨を率先して交換しました。

これからどこまで跳ね上がるのか本当に楽しみです^^

もし「怪しい」と思ったら…。「暗号通貨」を正しく理解できていますか?

日本ではことさら「暗号通貨」に対するイメージが悪いですよね。

原因は3つあります。

1つ目は、少し前にあったマウントゴックス社の破綻の影響

Mt.Goxマウントゴックスの破綻。Mt.Goxとは、当時最大級の取引量を誇ったビットコイン交換所。日本ではメディアが誤った報道をしたことにより、ビットコインに対しての印象が悪化した。

マウントゴックス社の破綻って
両替所の一つの破綻に過ぎないのに、

例えば「ビットコインそのものが危ない!」
という極端な見方が日本では為されています。

仮にその見方でいくなら、

暗号通貨を取引している無数の両替所
みんなも普段当たり前に利用している
国内の大手財閥銀行まで危ないことになります。

「ビットコイン」を取り扱っているのは
日本の一流企業や東証上場の大手銀行まで幅広く、
気づいていないだけで「完全に貨幣扱い」です。

ビットコインに参入している企業例:楽天、IBM、CyberAgent、Google、NTT、J-TRUST、RECRUIT、GMO INTERNET GROUP、SAMSUNG、Apple、Microsoft、NASDAQ

2つ目は、詐欺が多いこと

暗号通貨は無数に種類があって、

「おいしい話がある」
しばしば声がかかってくるのですが、
その「95%が詐欺」です。

つまり、世に出回る1200種類の暗号通貨のうち、
1140種類はほぼほぼ詐欺ばかり
だということ。

法案が整備されていないがゆえに
好き放題やれるのも詐欺が激増する原因ですが、

詐欺かそうじゃないかはすごく簡単に見抜くことが出来ます。

「詐欺か本物かの見分け方」
しっかり知っておきたくないですか?

ちなみに、95%が詐欺ということは、
5%は本物です。

本物の持つ計り知れない力は凄まじいですよ。

その数少ない本物に先駆けて投資した方々は、
今一人の漏れもなく億万長者です。

ビットコイン長者。その有用性も然ることながら、注目されたのはその価格の上昇と億万長者の大量発生だった。ジャレッド・ケンナ:推定資産5億円。彼が30歳の時に1BTC20円の時に5000BTCを交換して保管していた。その価値が今では2億5000万円となった。ロジャー・バー:推定資産17億円。バーは、ビットコインはまだまだ割安であると語る。ビットコインはいずれ1BTC100万円、1000万円ぐらいにはなると語る。

3つ目は「よくわからないものは怪しい」と考える日本人の特性

日本人って自分がよくわからないものは
「怪しい!」ってすぐに言いますよね。

インターネットビジネスしかり暗号通貨しかり。

これら3つの理由を一言でまとめると、
「ただの勉強不足」です。

しかし、「ただの勉強不足」で見過ごすには、
あまりにも惜しいほどのパワーとエネルギーが秘められています。

暗号通貨は「お金の瞬間移動」をもたらす!

しかも今はインターネット黎明期に感じた驚異
同じレベルの驚異が、まだ一般に顕在化されていない

「暗号通貨黎明期」のタイミング。

インターネットが「情報の瞬間移動」をもたらし
人々の認識を押し上げ爆発的に普及したように、

暗号通貨は「お金の瞬間移動」という利便性を生み
人々の暮らしと生活に寄り添い欠かせないものとなります。

日本では銀行系のインフラが高いレベルで整っているので
あまりその特異さを感じませんが、

例えばアメリカ合衆国では同じ国なのに
州をまたいでの送金になると
2000円〜3000円の手数料」を取られます。

銀行送金手数料について。日本から海外の銀行へ送金。年間の国際送金額60兆〜70兆円。国際送金手数料8.4%〜15%。さらに着金日数3日〜5日。日本から日本の銀行へ送金、国内送金手数料108円〜864円。

ヨーロッパやアジア諸国でも
国境を超えたお金の送金となると

5000円〜7000円の手数料」は
当たり前に支払う必要があります。

*全世界の平均的な送金手数料は8.4%〜15%です

かたや「暗号通貨を介した送金」に切り替えると、
一回に付き5円〜15円程度
まるでタダみたいな送金手数料で済むのです。

しかも海外送金のように
3日から5日もかけてから
ようやく着金されるのではなく

暗号通貨であればネットで手続きを済ませれば
「一瞬」で入金が完了するのです。

ビットコインの特徴。1.個人同士で直接取引できる。2.銀行や手形交換所を通す必要性がない。3.手数料が安く抑えられる。4.24時間どこの国でも使用できる。通貨単位BTC、総発光量2100万BTC

さらに言うと
世界中の人たちの中で銀行口座を持っている人
「全体の3割程度」しかいません。

そんな状態でいかにお金をやり取りするか
頭を悩ませる人たちも多かったのです。

『うは〜!こりゃ便利だ』
『神の与えたもうたツールか!?』

とばかりに鼻息も荒く人々が群がり
世に広く普及するのは当然の成り行きです。

日本では「0円〜864円」のような
恵まれた振込手数料で済むために

ほとんど意識されなかっただけの話なのです。

もうグローバル時代がとっくに到来しているのに、
それにピンときていない方が多いのも、

「暗号通貨?何のこっちゃ??」

と考える大きな一因でもあります。

クレジットカードとビットコインの違い。クレジットカードでの支払いは約一ヶ月必要。ビットコインでの支払いなら一瞬で行われる。ブロックチェーンで取引が記録される。

グローバルスタンダード(世界標準)目前の暗号通貨

アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国を中心に
もはやグローバルスタンダードになりつつある暗号通貨。

EUの最高裁判所に当たるEU司法裁判所が
ビットコインは商品ではなく、通貨として扱われるべきである
との判決を下し、その影響もあって

現在も凄まじい勢いで高騰を続けています。

このような状況であるにも関わらず、

アジアのリーダーたる日本では
暗号通貨に対する偏見に端を発して
未だに普及しきらない暗澹たる有様です。

逆に言うと、今が未曾有の大チャンスだということ。

誰もが「大丈夫」と気づいた時にはもう遅いですよ。
まずはきちんと勉強しましょう。

ビットコインで購入できるもの。日用品から不動産、自動車など様々なものが購入可能。マイクロソフトが公式にビットコイン決済を採用。Microsoft Xboxgame、モバイルコンテンツ向けに導入。bitcoin newsより抜粋。

現存する億万長者が太鼓判を押す「日本発信」の暗号通貨

しかも今回はそんな日本人にわだかまる偏見を払拭し、

日本を皮切りにして暗号通貨の歴史を塗り替える
一大革命を起こすべく

この業界内で最も有名な世界に名だたる
あの「チャールズ・ホスキンソン」が、

これからの一般公開を目前に控えた
暗号通貨の開発指揮」を担っています。

《TEDカンファレンスにおけるチャールズの講演の模様 日本語字幕付き》

【各業界のNo.1】しか出演できないTED(テッド)

チャールズ・ホスキンソンが暗号通貨(仮想通貨)について
講演したときのビデオです
(13分35秒)

チャールズ・ホスキンソンといえば

あのBitShares(ビットシェアーズ)
Ethereum(イーサリアム)を開発し
世界中に定着させた天才数学者です。

第一弾のBitShares(ビットシェアーズ)の価値
公開開始から3倍まで跳ね上がり、

第二弾となるEthereum(イーサリアム)においては
一般開示からわずか7ヶ月にして、
なんと60倍近くを推移しています!

イーサリアム(ETH)60倍まで高騰、時価総額1000億円突破!イーサリアム(ETH)がクラウドセール時より60倍まで高騰した。ライトコイン、リップルを一気に追い抜き、時価総額ランキング2位となってからも高騰し続けている。現在の時価総額は遂に1000億円を突破し、ビットコインの6分の1程まで迫っている。

当時10万円分のEthereumコインを買った人は
いま600万円もの資産価値になってるのです。

これにより数百万円単位で儲けた人が続出し、
中には10億〜30億円規模で資産を膨らませた人もいます。

もちろんいつでも日本円に交換可能

いわば「暗号通貨界の革命児」であり、

IT業界におけるビル・ゲイツや
スティーブ・ジョブズのようなお方
です。

野球で例えれば
これまで2回バッターボックスに立ち、
2打席とも場外満塁ホームランを叩き出した大天才

《暗号通貨の時価総額ランキング 2016.03.10》

暗号通貨の時価総額ランキング 2016.03.10 「Crypto-Currency Market Capitalizations」でBitSharesは第9位、Ethereumは第2位にランクイン

ご覧のように「暗号通貨の時価総額ランキング」である
「Crypto-Currency Market Capitalizations」でも、
チャールズ・ホスキンソンが開発に携わったものは

世に1200種類あると言われる
全暗号通貨のランキングで
BitSharesは第9位Ethereumは第2位

目を見張るばかりの堂々たる地位を築いています。

第一位のBitcoin(ビットコイン)
暗号通貨の第1号であり
不動の基軸通貨のような立ち位置ですから、

それを差し引いても
Ethereum(イーサリアム)は後発組で
「実質No.1の座」を射止めている
のです。

インプット・アウトプット香港。「Crypto-Currency Market Capitalizations」暗号通貨約700種類の取引が記録されているサイトにおいて2位に。イーサリアム長者続出!

これほど心強く信頼のおける開発適任者は他にありえませんし、

私の数学者生命を懸けて暗号通貨カルダノの開発に取り組む!

そのように明言しておられます。

ビットコインは3年半で120万倍に!2010年5月に100円で買ったビットコインが2011年2月には1250円に、2011年8月には38750円に、2013年3月に25万円に、2013年11月には1億2000万円に!100円→1250円→38750円→25万円→1億2000万円!

「一部の暗号通貨に投資」することで爆発的に儲かる理由

暗号通貨が世の中に広く普及した理由として、

・決済手段として優れ送金手数料がほとんどかからない
・すぐに入金されるので着金確認もほぼ一瞬で行える

という2つの利点をお伝えしました。

ではそもそも、

「ビットコインなどの暗号通貨に投資することで、
 なぜそこまで大きく儲かるのでしょう?」

暗号通貨で儲かる仕組みとして
大まかには2点あります。

まず1点目として、

プロジェクトの企画段階で
あらゆる暗号通貨のコインは
「総発行量が決まっている」こと。

例えばビットコインであれば
総発行枚数は「2100万ビットコイン(BTC)」

カルダノの基軸通貨であるエイダコインの限度枚数は
「630億ADA」に設定されてます。

CARDANOの基軸通貨。通貨単位ADA(エイダ)。CARDANO FOUNDATIONが発行するCARDANOの基軸通貨となる暗号通貨で、プロトコル開発資金の調達のためにプレセールを実施。総発行量630億ADA。発行上限を設けることで、ADAを持つ人が増えれば価格は上昇する。

これは最初の発案者が自由に決められるようですが、

これ以上はどうあがいても
「追加で発行できない決まり」。

つまり、国や政府の中央銀行が管理するような
「円」や「ドル」のように「無限に刷って増やす」
ということが、実質不可能なのです。

ちなみにそもそもの話、
「お金」というのは国や政府が認めて
人々もそれを「お金だ」と了承してるからこそ、

原価の安い「紙切れ同然のお札」も
「通貨」としての役割を果たすわけです。

暗号通貨という枠組みの中でも、
人々がそれを「お金だ」と取り決めて
物品やサービスの交換対象として認めれば、

暗号通貨のコインも列記とした
「お金」として世の中で流通し始めます。

この通貨発行量が事前に決まっている
というのがまず1点。

そして2点目の理由としてはまさに
この通貨発行量に制限がある
ことに関連します。

察しのいい方ならお気づきかと思います。

そう、「需要と供給の関係」です。

例えば円やドルなどの紙幣がどんどん世に出回り
「もっと多めに発行した方がいいな」
政府が判断すれば、

わんさかと中央銀行に刷ってもらって
市場に供給すればいいのですが、

ビットコインやカルダノなどの暗号通貨では
追加で刷ることが出来ません。

プロジェクトの計画遂行段階で出資者をつのり、

多数の出資者から集められた資金を元手に、
暗号通貨プロジェクトの開発が進んでいきます

その計画時点から出資いただいた引き換えとして

その基軸通貨となるコインを「0.2円」とか
非常に安価で手に入れられるわけです。

Bitcoinとバブル Bitcoinと価値推移

当然これは「投機的なお話」なので、

事前にその話やプロジェクト内容を
聞かされた人にしか、
出資できるチャンスは訪れません。

ビットコインであればその計画段階で
「1BTC = 0.1円」で手に入った時期があったし、

いまならカルダノの基軸通貨であるエイダ
「1ADA = 0.25円」ほどで入手可能になります。

最初に通貨発行量が決まっているので、

計画時点で出資して安くコインを手に入れた人は、
その暗号通貨が一般に市場公開された後

世の中に広まっていって認知されることで、
その基軸通貨の需要が高まっていきます。

そしてコインはその暗号化プロジェクトで提供してる
サービス(送金や契約、ゲーム、物品の売買 etc.)
の中でしか使えない
ので、

その暗号通貨で提供するサービスが
「革新的」ほかでは得られない内容であればあるほど

人々のニーズを捉えて需要が高まり、
コインの価値も高まっていくわけです。

ビットコインであれば当初
「1BTC = 0.1円」に設定されてた価値が

一時期は「120万倍となる12万円」まで跳ね上がり、

いま現在は50万倍くらいの
「1BTC = 5万円」前後で推移しています。

Bitcoinとバブル Bitcoinでの初めての取引はピザ 1万BTCで2枚のピザを購入 これは現在の価値で約3億円に相当する

このように、あとからいくら「欲しい!」と思っても
無限に発行することはできないので、

1コインあたりの価値は
手にしたい人が増えるほどに高騰していくのです。

このあたりは為替レートが動く原理」と同じ

喩えの話として、

最初は無名だったミュージシャンのライブチケット
今なら数量限定でお安くゲットできる状態だとして、

ものすごく有名になったあとの段階で

「そのミュージシャンのライブを観たい!聴きたい!」

というファンが増えてきたら、
以前の安い価格ではもうチケット入手できません

なので後発組の熱いファンたちに

「それなら高くなってもいいから、
どうしてもそのライブチケットを譲ってほしい!」

と、引く手あまたにワイワイ騒がれている状態になります。

カルダノをミュージシャンに例える

このように、

1点目の「通貨発行量が決まっている」ことと
2点目の「需要と供給のバランス」によって、

暗号通貨のコインの価値は大きく変動していくのです

「全ての種類の暗号化コイン」が値上がりするわけではない

でも、ここまではあらゆる仮想通貨に共通する原理なので

当然のこと、全ての暗号通貨のコインが
ことごとく値上がりするわけではありません

巷のほとんどのミュージシャンが
無名のままに夢破れて散っていくように、

ほとんどの暗号通貨も市場公開したところで、
たいして有名にもなれず一般にまで定着しません

「95%の暗号通貨はサギ!」と批難される理由です。

イチオシの将来有望なミュージシャンを
一躍スターダムに押し上げるような、

極めてクレバーな市場の読みと
一般へ広く流通させるための戦略・戦術が
必要不可欠になるのです。

なぜ「チャールズの暗号通貨だけ」が爆発的に値上がるのか?

このチャールズ・ホスキンソンの開発した
Ethereum(ETH・イーサリウム)

凄まじい高騰を見せた「最大の秘密」をお伝えすると、

まず暗号化技術のなかでも欠くことのできない

ブロックチェーン(分散型台帳技術)」という
極めてセキュリティの高い仕組みがあります。

取引記録の帳簿「ブロックチェーン」取引記録は公開される。・取引記録に対して10分ほどかかる計算競争が行われる。・計算競争の勝者がブロックを付加する権利を獲得。さらに報酬も得られる。ここで得られるビットコインの価値の方が、改ざんして得られる価値より大きいので「不正=無駄」の方程式が成り立っている。この基本動作を「金鉱の採掘」になぞらえて「マイニング」と呼ばれる。

現状これを実装できているのが

・仮想通貨の第一号である「ビットコイン」

であり、革新的仕組みとして世に受け入れられました。

・チャールズの開発した「イーサリアム」

ももちろん、このブロックチェーン技術を備えています。

世に出回り1200種類以上ある仮想通貨の中で

チャールズの設計思想は群を抜いて特別であり、
それだけ暗号化技術の真髄というものは奥が深い

「そりゃイーサリアムは公開からわずか7ヶ月で
 60倍まで跳ね上がるわ!」

という感じですね。

ETHEREUM 暗号通貨2.0と呼ばれている暗号通貨の1つ。主にスマートコントラクトという機能を軸として開発しています。2014年にはEthereumネットワーク内の暗号通貨であるEtherのクラウドファンディングにより、45日の間に当時の価格で約18億円もの資金調達が行われました。

チャールズはこれまでの数年で見えてきた
ビットコインの弱点を網羅して

ほぼ全て補う形でイーサリアムを完成させました。

さらに、そこから浮上してきた
改善案革新的なアイディアの数々

今度は「集大成とする形」で

「次世代 暗号通貨2.0」の主力となりうる
CARDANO(カルダノ)の開発を進めています。

暗号通貨の利便性をまだ多くの日本人は認識していません!CARDANOはそんな人々の意識を覆します!

当然のこと、イーサリアムの枠組みを踏襲して
さらにそれすら上回る設計を施してる
ので、

通常のセキュリティ技術の
「1,000倍〜10,000倍は強固」
だと言われている
ブロックチェーンだって実装済みです

つまりカルダノはブロックチェーン技術を搭載した
「市場で3つめとなり世界でも最先端の暗号通貨」として
市場に流通することがすでに確定してるのです!

カルダノを市場に定着させる「史上最大の作戦」

さらにチャールズが人生の集大成として開発する
「暗号通貨カルダノの市場拡大戦略」
は、

何もブロックチェーン技術の搭載だけではありません

カルダノにおいてここでのキーポイントは、

スマートフォンを主軸に据えた
「オンラインゲーム」「オンラインカジノ」莫大な市場規模

そして絶対に不正のできないプラットフォームです。

CARDANO(カルダノ)とは暗号通貨ADA(エイダ)を基軸通貨とした、次世代ゲームプラットフォーム。オラクルやスマートコントラクトといったシステムを利用した、公平で安全なゲームを楽しめる。SDK(ソフトウェア開発キット)を使用することにより、技術者であれば誰でもCARDANO用ゲームの開発が可能。開発リーダーとして、チャールズ・ホスキンソンが参加。

ビットコインのときは世界中の人々の欲求として、

「そもそも預金口座を持ってる人が少ない」という現状と
「送金手数料がバカ高くて着金までに時間がかかりすぎる」

という、人々の潜在的な不満点を満たしてあげて

「便利な送金方法と革命的な決済手段」として

世に広く受け入れられて定着したので、
1ビットコインの価値は遥か彼方まで上昇しました

(1BTC = 0.1円 → 一時期12万円 → 現在5万円前後)

こうして世界中に数多くの
「ビットコイン長者」
が生まれたわけですね。

暗号通貨カルダノにおいては、

すでにビットコインで送金手段や決済サービス
としての需要は叶えられている
ので、

このサービス内容も踏まえたうえで、
さらにもう何段階も進んだ仕組みを提供します。

暗号通貨1.0から暗号通貨2.0の時代へ。暗号通貨1.0はいわゆるお金としての暗号通貨のことを指す。国際送金の手数料無料など1.0の提供するメリットはすでに機能している。暗号通貨2.0はお金ではない方法で使われる暗号通貨技術のことを指す。2.0のサービスが存在して初めてビットコインを使う理由ができる。そして増え続けるBitcoinの取引量

『カルダノでしか成し得ない独自のサービス』

それはカルダノのADAコインでしか遊べない
「オンラインゲーム」と「オンラインカジノ」の世界的革命です!

この投稿をご覧のあなたも
スマートフォンを持ってる人がほとんどでしょうし、

この文章そのものも
スマホからお読みになってる方も多いと思います。

現在スマホで大流行の
「パズルアンドドラゴンズ」
「モンスターストライク」

僕自身もプレイしたことのある「ディアブロ」
「ラグナロクオンライン」「ドラクエ」「FF」など

オンラインゲーム市場全体の価値や課金総額は、
年々もの凄い勢いで膨れ上がっています。

日本アプリ課金額 2011年82.2億 2012年139.9億 2013年205.8億 2014年279.3億 2015年 362.3億 2016年441.7億

日本のアプリ課金額
2016年時点で441億7千万円。

世界全体のオンラインゲーム市場規模
2015年で200億ドル(約2,100兆円)です。

オンラインゲーム市場規模 アジア・日本・欧州・北米

そしてさらに、パチンコや競馬、宝くじなどの
「ギャンブル」「カジノ」の業界も
凄まじい市場規模を誇ります。

日本のギャンブル市場全体で約24兆7400億円。

世界のカジノ市場約22兆7千億円なので、

世界全体の市場とタイマンまで張れるほど、
日本はなにげにギャンブル大国です。

日本のギャンブル市場 全体 約24兆7400億円 世界のカジノ市場 全体 約22.7億円

ただ、これらの世間に広く普及している
「子どもも大人も夢中になれる遊び」の
問題点を1つ挙げるとすれば、

【「不正行為をしていない」
 という証明が誰にもできない】

ことにあります。

現オンラインカジノの問題点 正当を主張することはできても、証明することはできない。運営側は、その気になればいつでも不正を行うことができる。運営側の資金が実際に存在するかどうかを知る手段がなく、希望金額を出金できない可能性もある。

パソコン画面を介した「オンラインカジノ」なんて
いくらでも裏のプログラムで確率操作できてしまうため、
「イカサマの温床」だと言われます

実店舗で経営されているカジノや競売も

経営者の意向やディーラーの采配によって
いくらでもプレイヤーの目をごまかせます。

社会現象として注目され、
アプリ課金額がもの凄いことになってる
パズドラやモンストなどの「オンラインゲーム」

「ガチャの確率判定が不正に操作されてるんじゃないか?」

と、一時期かなりの大問題になっていました。

しかし当然のこと、アプリやカジノを経営する会社側は
不正操作やイカサマ行為は一切行っていません!
と表向きには言いますし、

不正があるということも、
あるいは不正がないということも、

証明する手立てがまるでない状態でした。

ですが、もしここで

「システム的に一切の不正が出来ないように
設計され完成されたゲームプラットフォーム」

登場すればどうでしょう?

世界初、公平性が証明できるゲーム 既存のオンラインカジノでは、不正がないことを証明することはできない。しかしCARDANOは、最先端の技術により不正がないことを証明できる。CARDANOは公平性・正当性の証明が可能。ゲームオーナーの資金力の証明が可能。

・暗黙の了解として、不正があることを承知のうえで
 参加せざるを得ない「世間一般のゲームやカジノ」

・暗号化技術と最先端のプログラミングによって
 システム的に『一切の不正を許さないゲームやカジノ』

あなたがプレイヤーの立場なら、

一体どちらのゲームプラットフォームで遊びたいですか?

僕なら『間違いなく後者』です。

自らの大切なお金を賭けてまで、

不正やイカサマによって不当に徴収されたり、
戦う前から負けの確定してるようなゲーム

これから先も遊びつづけたいとは思えません。

チャールズ・ホスキンソンが
「これまでの数学者人生の集大成」として
取り組んでいるカルダノ
は、

不正がないことをシステム的に証明できる
世界で初めてのゲームプラットフォーム

として、開発が進められています。

カルダノ(CARDANO)の登場によって、

【人類は歴史上初めて、
一切のイカサマや不正行為のない
ゲームやカジノを真剣に遊ぶ】

ことが叶えられるのです!

カルダノの可能性。2つの巨大なマーケット。オンラインゲーム・ギャンブル市場、市場規模約50兆円。暗号通貨市場、市場規模約14兆円。通貨単位600種類以上

この革新性、市場のデカさ、プレイヤーの潜在的なニーズに

・どれほど莫大な需要や価値が秘められているか
・どこまでの市場規模まで膨らんでいくことになるか

はたして想像できますか?

僕自身はこの話に、
想像を絶するようなスケールの大きさ
を感じています。

2016年12月26日の市場公開を迎えたあと

カルダノの提供するプラットフォームの真価が
認められて世界全体へ爆発的に普及し、

その基軸通貨であるエイダコインも世に広く出回り
利用される様がありありとイメージできます。

あなたはこの途方もない話を、一体どのように捉えるでしょうか?

エイダの価格上昇。ADAの価値が自然に上がっていく仕組み。開発者はチャールズ・ホスキンソン、ジェレミー、吉田晋。公平・安全なP2Pの技術を利用し、参加者全員で管理。運営が民主的に行われるため、不正を行う必要がない。ゲームはSDKを用いて誰でもゲーム開発可能。開発競争が始まり多種多様で室の高いゲームが開発されていく。暗号技術注目企業はゴールドマンサックスなどから米Circleに5000万ドル出資。Drop box、PayPal、アンドリーセン、ホロウィッツなどから21incに140億円出資。2015年の資産調達ペースは10億ドル。世界のインターネット人口は年間平均15%の成長率があり現在インターネットユーザーは30億人を超えている。今後ますますインターネットユーザーを増加していくことが見込まれる。ゲーム業界の現状 1.運営側とユーザーの対戦であれば確率操作などの不正を行う可能性有り。2.運営側の資本準備金は公開されていないため、キャッシュアウトできない可能性有り。ターゲット層はカジノ、スマホアプリ、オンラインゲーム、公営競技、パチンコ、投資商品など100兆円を超えるターゲットが見込まれる。実績による信用、安全性、品質の良さ、企業の注目、環境の充実、問題点の改善、市場の大きさの相互作用によってエイダの価格が上昇する!

世界のチャールズと渡り合う「至高のパートナー」登場!

そして、そんな世界に名だたる大天才のチャールズとタッグを組み、

暗号通貨という日本人には難しく思えるテーマ
小学生でもわかるように紐解く」のは

我らが希望の天才実業家、泉忠司先生です。

泉先生は今回の「暗号通貨カルダノADAプロジェクト」の
『出資者(つまり胴元、オーナー、マスター)』
であり、

2015年末からチャールズ・ホスキンソンと一緒に
全国セミナーを展開しておられました。

泉忠司先生の真骨頂は

「よく分からないことを、分かりやすく解きほぐし、
 それを誰にでも分かるように伝える能力」
で、

それはテレビ等でおなじみの
池上彰氏をはるかに凌駕するとさえ言われるほど。

リアルドラゴン桜の泉先生による
日本一、いや世界一わかりやすい暗号通貨の授業
をご覧ください。

ビットコイン大学 現役のカリスマ大学教員による「世界一わかりやすい暗号通貨の授業」を期間限定で無料公開!池上彰氏よりはるかに分かりやすい仮想通貨の授業

このビデオ講座の中で

詐欺と本物の仮想通貨の見分け方」や
なぜ第二のビットコインが世界に求められているのか
今もっとも熱い暗号通貨カルダノ」について、

極めて具体的に解説してくださっています。

・今すぐ莫大な富を得たい方も
・暗号通貨の詐欺に騙されたくない方も
・ただ勉強したいだけの方も

【著者コラム】「仮想通貨」とか「ビットコイン」ってほんまに怪しいよね

ここ最近は他の方のFacebook上でも盛んに
そっち系の内容が宣伝されていると思うのですが、

日常で普通に生活していても
ビットコインを使う機会なんてないし、

周りに仮想通貨を持ってる人や事前に投資してた人、

ビットコインを支払いに利用してる知り合いなんて
僕もいまだに見たことがないです(笑)

そもそもBTCに対応してるお店も全国で数えられるほど。

・日本でビットコインが使えるお店
http://jpbitcoin.com/shops

 
アメリカとかヨーロッパなんかでは

スターバックスやマクドナルドのレジ等で
決済にビットコインを使える環境も
すでに整ってるようなんですが、

とくに日本においてはこの領域って

パッと見にも実感としても
相当に分かりにくいし伝えづらい。

まだ不動産投資や株式、為替とかの方が
取り組んでる人も多いので取っ付きやすいと思う。

 
僕自身にしても、尊敬してる泉忠司先生から
事前にいくつもの情報を知らされたり

ビデオを通して仮想通貨の基本理念や
仕組み的なことをたんまり学んでいなければ、

「はぁ?ナニそのいかがわしい投資の話??

 世の中うまい話なんてそうそうあるわけないのに、
 みんなマジで騙されやすいんだな〜」

くらいに上から目線で斜に構えて、
ほとんど見向きもしなかった自信があります(苦笑)

それが自分自身でもカルダノADAコインに投資したり

知り合いへも自信満々にお伝えしてるんだから
何がどうなるか分からないものですf^^;

 
でも基本、人の認識ってそういうものだと思います。

詳しく中身を知る前に、

世の中の風潮や事前に形作られたイメージ、
これまでの思い込みによって自己完結してしまう。

なので、いかにして誤解を招かないよう
スムーズに人様に伝えていくかっていうのは

「本当に大変なんだな〜」とひしひし実感してます。

これって、Facebookが出てきたときの
感覚に近いものがあるかも。

 
mixiやアメブロとかが主流だった頃は、

「えぇっ!?顔写真付きで、しかも実名で、
 オンラインで個人情報を公開するとかありえないっ!!」

そう言って、かなり多くの人たちが
Facebookを利用することをためらっていた
記憶があります。

Facebookに登録して使っていても偽名だったり、
自分の顔写真は一切使わなったりとか(笑)

僕もFacebookをメインのSNSとして
使いはじめるまで、かなりの抵抗がありました。

 
それが今や、新しい人と知りあえば

「Facebookは登録されてますか?」
と、名刺代わりに友達申請もするようになり、

顔写真も載ってなおかつ実名であるがゆえに、
それぞれの近況なども知ることができて

「個々人の生の声が聞けて情報にも信ぴょう性がある!」

と、最も信用できる口コミが得られるSNSとして

日本人だけでなく世界中の人たちが
こぞってFacebookを愛用してます。

 
FacebookにしてもTwitterにしても
Instagramにしても、

流行り始めの時期っていうのは

初めてそれを見た人にとって
かなりの抵抗をもたらすものだと思います。

いまいま僕自身でも投稿したり、
他の人のトピックでも盛んに取り上げられる
【暗号通貨の話題】は

「今まさに日本で流行り始めている」わけですが、

やはり多くの人に抵抗と戸惑いをもたらします。

 
ただ、これは何も個人の枠の範囲内だけで
話題になってるわけではありません。

例えばゴールドマンサックスやDrop box、PayPalなど
世界各国の一流企業らも、

ビットコインやブロックチェーンなどの送金手段や、

フィンテックといった金融と暗号化技術を組み合わせた
最先端の事業分野に巨額の資金を投入しています。

 
またさらなる注目株として、

「アンドリーセン・ホロウィッツ」という

FacebookやTwitter、インスタグラム、Airbnb
のようないま最も隆盛を極めている事業について、

世の中に広く普及される以前から目をつけて
巨額の投資を行って大成功を収めている

【天才的なアメリカの投資企業】があります。

日経ビジネス:
最強の投資家ベン・ホロウィッツ 〜未来のCEOへの伝言〜
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20150514/281107/?rt=nocnt

 
ベン・ホロウィッツとマーク・アンドリーセンという
投資の天才がタッグを組んで
絶大なる信頼を誇っているこの投資企業も、

ビットコインやブロックチェーン、
Bitcoin Walletといった暗号通貨の事業に

いち早く目を向けて多額の出資を行っています。

なので、現状のFacebookやTwitterと同じように
ビットコインやカルダノのような仮想通貨が

世間一般へ当たり前に普及するのも
「時間の問題ではないか」
と言われてますし、

ビットコインはすでに日本以外では
爆発的な普及の兆しを見せています。

NAVERまとめ:アンドリーセン・ホロウィッツの投資先
http://matome.naver.jp/odai/2142233412773346401

 
お知り合いや仕事の取引先と話しているときに、

「これから入金しますので、銀行の口座情報をお知らせください」

と伝えたら、

「銀行だと手数料も高いですし着金まで時間もかかりますから、
 暗号通貨の口座でもいいですか?」

と返される未来も近いかもしれませんね。

→ 著者のFacebookはこちら

*お気軽に質問や友達申請してください(*´ω`*)

【VIP】暗号通貨カルダノADAエイダコイン取得方法と代理店登録(プレセール終了)

2016.11.07