カルダノ第3期プレセール延期の理由、詐欺商品の見分け方、究極の節税手法、セミナーの重大発表シェア

カルダノ第3期プレセールの延期理由と詐欺商品の見分け方

▼プレセール延期の理由▼詐欺の見分け方▼究極の節税手法▼セミナーの重大発表

カルダノの第3期プレセール延期について

カルダノの第3期プレセールが
またまた延期になってしまいました。

『アジア各国へ向けたコンプライアンス(法令遵守)制定と
 マーケティングマテリアル(販促資料)見直しのため』

というのが延期の主だった理由ですが、

第1期・第2期と日本では無事に完遂してるので、

「せめて日本だけでもいち早く取引再開してくれよ!」

という気持ちは正直、僕もあります(笑)

問題が起こらないように慎重を期すのは大切ですが、
そこで止まってても発展していきませんので

不満や不信感を抱く声もチラホラと

ただ今回の再延期を受けて、

「ほんとにエイダコインを取引する気があるのか?」

とか、

「やっぱ詐欺じゃないの?騙されてない??」

そう不安に感じる声も上がっているようです。

「プレセールの延期」から読み取れること

しかし、一連の動きをしっかりと分析すると

「詐欺でもないし騙す気もサラサラない」

からこそ、ここまで徹底した危機管理対策
講じられていることが分かります。

これがもし可能な限り取引だけして
トンズラこくような組織だったら

早々に見切り発車して両替取引を終えて、

資金をがっぽり稼いだところで
事務所ごと行方をくらませるでしょう。

わざわざコンプライアンス(法令遵守)を
最重要視して
せっかくの
交換機会を損なって延期させてまで

問題を未然に防ぐための対策に
時間も労力も費用もかけるだなんて

やたらと面倒なことは絶対にやりません。

盤石すぎるプロジェクト体制

確実に100%成功させる気概

CARDANOの経営陣やスタッフ、
プロジェクト全般に満ちているからこそ、

ここまで緻密に用意周到に
世界展開を進める手順を踏んでいるのです。

7月29日(金)と31日(日)の
「CARDANOカンファレンス」に
お越しになられれば、

その盤石すぎるプロジェクト体制を
つぶさに目の当たりにできます。

CARDANOカンファレンス表

→ http://attaincorp.co.jp/inq/seminar.html

先行募集、当日参加ともに受付終了しました。

7/29 (金)・7/31 (日) CARDANOカンファレンス開催決定!!

ここでは「チャールズ・ホスキンソン」はじめ
カルダノに関わる責任者や経営陣が
日本へこぞって来日され、

極秘で進められてきた
一流企業との事業提携も発表され、

カンファレンスに訪れた新規の方は
まず100%エイダコインの交換を
決断すると言われています。

現在でもプレセールから60倍〜70倍を推移する
チャールズの開発したイーサリアムの
ジェネラルアシスタント
「ジェレミー」や、

28歳にしてドバイ最大のエミレーツ銀行を創設した
偉大なる経営者
「マイケル・パーソン」など、

そうそうたるメンバーが
カルダノプロジェクトに携わっています。

もちろんADA開発チーム
チャールズ・ホスキンソンを筆頭として、

世界各国の有能なプログラマーが名を連ね、
日本にも開発チームの拠点が置かれています

カルダノADA発行チーム

  • チェアマンFCA ドバイエミレーツ銀行の創設者の一人
    マイケル・パーソン
  • 最高財務責任者CFO イギリスの公認会計士
    ジョン・マグワイア
  • 執行役員Exective Director フィンテック専門顧問
    ブルース・ミリガン

カルダノADA開発チーム

  • 最高経営責任者CEO アメリカの天才数学者
    チャールズ・ホスキンソン
  • チーフオペレーションオフィサーCOO 物理化学博士
    ニコス・ベンティニティス
  • マーケティング・ブランドマネージャー Ethereum開発で活躍
    リチャード・ワイルド

近年稀にみる超巨大プロジェクト

つまりCARDANOプロジェクト全般
古今未曾有のドリームチームが結成され、

すでに人・モノ・金がふんだんに
投入されまくっており、
一流企業との提携も進んでいるので、

万が一にも頓挫したり
失敗させるわけにはいきません。

世界全体を揺るがす意気込みで
極めて大規模な取り組みが
タイムリーに行われてるのです。

「カルダノの先見性」を肌身に感じよう!

上記の話を聞いても
いまいち不安が拭えない

ということがあれば、

積極的にお知り合いも引き連れて
7月末のカンファレンスに足を運んだり、

アテインコーポレーションのセミナーにも参加して、

ご自身の目と耳で肌身に
感じられるのが一番良いと思います。

もちろん僕も7月29日(金)の
東京カンファレンスに参列しますし、

僕の月一定例の投資術セミナー
足を運んでいただくことでも、

親身に疑問や質問にお答えできます。

◆ セミナー情報も流れるLINE@
→ @niy3342n

◆ 投資術セミナーは月一ペースで開催
→ http://t-osaka.link/u/cf/Seminar

くれぐれも「ネットハイエナ」にはご注意ください。

論点のよくわからないような、

あるいは真偽の定かではない噂話し
誹謗中傷に左右されたり、

ほかの投資商品へと勧誘する
ネットハイエナの声に惑わされて、

せっかくの史上空前のチャンスを
棒にフッてしまうのは
本当にもったいないことです。

世に出回る儲け話の「95%は詐欺」です!

1点だけ注意喚起しておきたいのですが、

「投資に興味を持っている」

ということが周りに伝わると、

ここぞとばかりに
無用な不安を煽りたてて来たり

あわよくば自分の投資商品を売り込もうと
コンタクトしてくる人も多いので、

けっこう注意が必要です。

もちろん善意から
伝えに来てくれる場合もありますが、

世間一般に出回るようなお金儲けの話は

「その95%は詐欺的なもの」になるので
十分すぎるほどに気を付けてください。

「BitRegion (ビットリージョン) 」は詐欺確定

最近のものでは、

ビットコインを「寄付」し合うことで
「日利1%、月利30%」の利回りが
受け取れる
、という

あからさまに詐欺の匂いがプンプルする
案件が広まってたりします。

ビットリージョンに関しては泉先生が名指しで
「100%詐欺です」と注意喚起してますので、
くれぐれもお気をつけください。

◆ アカデミー生からのLINE報告より

bitregion

最初から「寄付」を謳っておくことで、
「だって寄付したよね?お金あげたんだよね??」

そう責任逃れされる結末が目に見えているような
「穴のありまくるモデルケース」に
あなたの大切なお金を投資してはいけません。

「詐欺商品」を見極めるポイント

もし他の人からそうした話しを持ちかけられて、

「パッと聞いたところ大丈夫そうで
 迷ってるんだけどどうなんだろう?」

そう判断しかねることがあったら、
一度僕までご相談ください。

基本的に詐欺的な話というのは

「大きすぎる利回り」「ここだけの話」
「スケールの壮大さ」などで興味関心を惹きつけて

『今投資すると将来これだけ儲かります!』

『でも詳しい中身や具体的な部分は明かせません。
 今はまだお答えできません!』

といった具合に、不透明な部分がすごく多いです

泉先生や僕がビデオにまとめてあるように
案件の細部まで詳しく語られてるものは
逆に珍しいくらい。

少しでも納得できない要素があったら
スルーしておいたほうが無難です。

もし迷ったら「投資する前」にご相談ください。

僕自身はもう泉忠司先生から
直接に流れてきた案件だけしか

「信じない」「投資しない」と決めてるので、

例えそれ以外を勧誘されても
投資する可能性は基本ゼロですが

もしどうしても迷っててアドバイスが欲しい、

ということがあれば相談に乗るので
ご連絡いただければと思います。

*くれぐれも「勧誘」ではなく「相談」でお願いしますf^^;

「億万長者のフィルター」を凌ぐ自信はありますか?

泉先生の紹介される案件というのは、

人様からさんざん持ちかけられる
数百〜数千にも及ぶ「儲け話」の中から

厳選に厳選を重ねた
「これなら間違いない!」という
世界最上流の案件だけを伝えてくれてます。

納税後で年収10億超えの億万長者のところには

それこそ投資話ジョイントのオファー
毎日ひっきりなしにやってきます

その中でも振るいにかけられ
切り捨てられたあまたの案件
を乗り越えて、

ひととおり「情報の精査」が完了した
本当に数少ない一握りの案件だけが、

『億万長者の泉忠司フィルター』を通して
僕のところにやって来るのです。

「大金はたいて購入」したスーパーVIPな情報源

僕はその選りすぐられた「超VIP案件」

  • いち早く入手できる権利
  • いち早く人様に紹介できる権利

を、かなりの大金をはたいて買っています

だからそこで、

泉先生経由の案件を差し置いて
ほかの話に流れる意味もメリットもないし

巷に溢れる有象無象の
出がらしや搾りカスみたいな
下流の情報を鵜呑みにして、

そこにお金をつぎ込むだけの
価値や信用性は全く感じないのです。

かなり高額な情報を「プライスレス」で提供しています

今このメッセージを受け取っているあなたは

泉先生による「情報の吟味や監査」が完了した、

僕が大金を支払ってまでして
ようやく得た「最上流の案件だけ」

【完全無料】で手にできる状態にあります。

自分で言うのもなんですが、
「相当に美味しい立ち位置」に
いらっしゃると思います(笑)

せっかくそうしたチャンスを提供してるので、
その旨味を最大限に享受してくださいね^^

「メルマガ読者限定」の機密事項

今回、プレセールの再延期ということで

ただ待ってるのも暇かなと思ったので、

エイダコインの特典内容として告知していた
「究極の節税対策」について

メールマガジンにてお知らせします。

やや気が早いような感じですが、

これは「無料の方法」
「有料の方法」がそれぞれあって、

有料のオファーというのが【期間限定】で

相当にヤバく斬新な内容だったので

伝えないでおくのも不親切だと考えました。

「秘匿性の高い情報」なので隠します。

これはオンライン上には一般公開できません

かなりビックリするようなレア案件ですので、

メール登録後の案内をどうぞお楽しみに。

メンバー登録後すぐに「専用の会員サイト」
具体的なビデオやデータ一式をご覧いただけます。

あなたの個人情報は必ず守りますのでご安心ください。

CARDANOカンファレンスの重大発表をシェア!

カルダノファンデーション主催
CARDANOカンファレンスに行ってきたので
その感想をシェアします。

まず、ここで重大な発表がありました。

ようやく8月1日に第3期プレセールが開始されます!

8月1日に第3期プレセール再開!

アジア各国でのセールススタートに伴い
日本国内の法律事務所からも助力を得て、

国によって異なる法律やコンプライアンスの見直し
相当な時間を要していましたが、

カルダノADAコインの世界展開において
問題なく適用されるレベルまで、

組織体制や販促資料の改訂が済んだようです。

すでに予約段階で14億円中、12億円分が交換終了!

プレセールが8月1日に再開されて喜ぶのも束の間、

第3期に予定されている14億円分のエイダコインのうち、
すでに12億円分の予約申し込みが入ってるとのこと!

なので再スタートと同時に早ければ数日で
予定交換数に達してしまう可能性もあります。

交換予定の方は急いでADAをゲットしてくださいね

アテインコーポレーションのスタッフさん
膨大な量の注文について
対応して下さっている最中ですので、

予約申込されてる方はメール連絡が来るまで
しばらくお待ちいただければ幸いです。

DAO(ダオ)とCARDANO(カルダノ)の決定的な違い

ここ最近の暗号通貨界のタイムリーな事件として、

DAO(ダオ)のやらかした大失態(事業資金の流出)によって
Ethereum(イーサリアム)が2つに分裂してしまいました

これはDAO側が弁護士の忠告や法的アドバイスを無視して
無理やりに事業展開を推し進めたことが
発端になっているようです。

カルダノ財団はそんな無鉄砲なことはせず、

しっかりとした手順と計画を練って
用意周到に進めてくれる組織なので本当によかったです。

いかに革新的な取り組みであったとしても、
法令違反や予期しない事故に巻き込まれて
計画が頓挫したのでは意味がないですからね。

カルダノはHaskell(ハスケル)で設計される

また、DAO(ダオ)は「Java」で設計されてましたが、

カルダノは「HasKell(ハスケル)」という
最新のプログラミング言語で書かれてるのも特徴的。

HasKellは作成途中のコードに不備があると
表示もされないし実行もされない

作成段階でエラーが早期発見できる、

極めて数学的・関数的な言語であり、

意図しない結果や副作用の起こりにくい
洗練された処理が実装されているとのこと。

プログラムやシステムの設計段階から
ほかとは一線を画する
入念な下準備があるのは心から歓迎できます。

世界を股にかける一世一代の超絶プロジェクト

今回のカンファレンスに行って学んだ感想としては、

「カルダノは想定してたよりもずっと大掛かりな
 世界的規模の壮大すぎるプロジェクトだった。」

ということが挙げられます。

例えばイギリスのケント大学
日本の東京工業大学とも提携して、

プロジェクトの遂行に必要不可欠となる
コンピュータの技術的要素を共同研究しています。

もちろん開発の中心となるのは
チャールズ・ホスキンソンが香港で経営する会社の
「IOHK(インプット・アウトプット・ホンコン)」ですが、

アルゼンチン、ウクライナ、ロシア、イギリスのロンドン、
日本国内の大阪や東京にも開発チームの拠点があるほか、

ベトナムの優秀なプログラマーチームとも協業して
「Quanta(クオンタ)」
「AltaApps(オルタアップス)」という、
プラットフォームの無料アプリも8月1日から公開されてます!

→ https://altaapps.io/

これらは全て「CARDANO Labo(カルダノラボ)」
からの提供として一元管理されるようです。

CARDANO Laboのもたらす金融革命

ゆくゆくはこれらのCARDANOプラットフォームの中で

エイダコインに限らず幾種類もの暗号通貨を
1つのウォレット(財布)で管理できたり、

暗号通貨だけでなく
金(GOLD)や証券、株、不動産などの金融商品

「暗号化されたトークン(引換券)」で売買できたりと、
今よりはるかに手軽な取り引きが可能になります。

日本においてCARDANOやエイダコインは

スマホゲームやカジノ業界に革命を起こす
「次世代ゲームプラットフォーム」
として
紹介されていますが、

これはCARDANOプロジェクト全体の
ほんの10%くらいの要素でしかありません。

あらゆるブロックチェーンサービスを網羅する総合プラットフォーム

世界中を飛び回ってカルダノを広報している

日本人でいち早くビットコインなどの暗号通貨に
精通されていた佐々木健二さん
によると、

→ https://www.facebook.com/kenji.sasaki.9237

中国においては「次世代の送金サービス」
としてカルダノを紹介しているし、

アジア各国においては
「金融サービスを一新するプラットフォーム」
として案内されているとのこと。

いずれはブロックチェーン(暗号化技術)を通して
ありとあらゆる次世代型サービスを

カルダノの無料アプリ上で行うことができます。

前述した様々な金融商品の取り扱いはもちろん、
融資や不動産、ローン、生命保険などの自動化された契約に加えて、

「ドローンを活用した荷物の自動配送」といった内容まで含まれます。

クレジットカードの利用に伴う大きなリスク

そもそもビットコインのような暗号通貨
世に広く普及した背景には、
「手軽で便利な送金手段」として
受け入れられた側面が大きいです。

お金の受け渡しや商品購入の際によく使われる
「クレジットカード」ですが、

まず使用するに当たって提供する個人情報が多すぎるし、
大切な機密事項まで漏らしてしまっています。

カード番号・名前・使用期限・セキュリティ番号と、
それさえ知れば不正利用なんていくらでも出来てしまうのです。

「二重課金」「過剰請求」「偽装課金」「複製利用」
といった幾つものリスクが付き物で、
『世界中で年間50億ドル(5,500億円)』もの
クレジットカードによる被害や詐欺が続出しています。

また銀行の収益の40パーセント
「海外送金の手数料」によって賄われており、

『世界全体で年間1.7兆ドル(187兆円!)ものお金』
送金手数料として徴収されている現実があるのです。

リスクを無くしビットコインの問題点までも克服!

そうした従来の銀行屋が
一人勝ちするような流れにアンチテーゼを唱え

その利便性から台頭してきた暗号通貨ですが、

ビットコインは送金以外の手段で使うことはできず、
着金まで10分ほど時間がかかるのもネックでした。

例えばスマホゲームでのアイテム課金や、
カジノにおいてポーカーやバカラで遊ぶ場合、

アイテムの到着や賭け金の精算、
次のゲーム開始までに5分も10分も
待たされてしまう
のでは、

どう考えてもプレイヤーにとって
大きくフラストレーションが溜まる要因になります。

カルダノは最先端の暗号化技術を全て搭載、それすらも凌駕!

カルダノは瞬間のうちにお金の受け渡しを可能にし

ブロックチェーンを介した安心・安全な
個人間の取り引きや金融商品の契約の自動化など、

送金以外の様々なシーンにおいて
ストレスなく柔軟なやり取りを現実化させます。

端的に言い表すなら、

暗号通貨のトップ10が出来ることを全て再現できるほか、
 さらにこれまでの暗号通貨が出来なかったことまで実現できる。

 全ての暗号通貨の可能性を内包してつなぎ合わせる
 世界最高峰の暗号化技術を結集させた統合プラットフォーム】

それが「CARDNOプロジェクト」なのです!

全てを包括して流動させる「クロスチェーン」

ブロックチェーンの枠組みすら飛び越えて

あらゆるサービスに利便性と革新性、
そしてもっと身近な流動性をもたらす

「クロスチェーン」という試みが今まさに育まれています。

ここまで大掛かりな世界的プロジェクトは
ビットコインの創設期以来
でしょうし、

カルダノ以上の暗号通貨は
これ以降もまず現われないでしょう。

カルダノADAプロジェクト全体の構想に比べれば、

ほかの暗号通貨なんて「子どものお遊戯にも等しい」のです。

暗号通貨の世界は「CARDANO一色」に染まります!

暗号通貨カルダノは各国政府の首脳クラスとも
親密な協力体制を築きあげている最中です

まさにカルダノは「世界全体を席捲する勢い」で
留まる所を知らず波及していくのです!

この古今未曾有の極大チャンスに乗らないのは
「正直どうかしている」とさえ思います。

今はまだ半信半疑の人も
必ずこのWebサイトや無料会員サイトの
ビデオ講座を見て深く知っておいてください

カルダノのもたらす福音によって、
あなたの人生が桁外れなまでに
好転していくことを予言しておきます。

最後までお読み頂いてありがとうございます。