仮想通貨の話題でよく耳にする、マイニング報酬とは一体なに?

仮想通貨の話題でよく出てくるのが、マイニング報酬という言葉です。
マイニングとは何でしょうか?
また、なぜ報酬を得ることができるのでしょうか?
今回はマイニング報酬に関して解説して参ります。

・仮想通貨のマイニングとは?

仮想通貨の多くでは、マイニングというものが行われます。
マイニングというのは、リアルタイムに作成されてネットワーク上に送信されているトランザクションをまとめることで、新しいブロックを生成していく作業のことをいいます。
トランザクションは、ブロックに含まれることで初めて台帳に記録され、実際に支払われたということが認められます。

最も有名な仮想通貨であるBitcoinの場合、マイニングによってブロックがおおよそ10分間隔で作られています。
この10分というのは、10分経ったからブロックを生成しますというわけではなく、マイニングを行っているマイナーと呼ばれる人々の計算能力を基に、10分かかると思われる計算量に設定してブロックを生成しているのです。
マイナーは、ネットワークが受信したものの、まだブロックには含まれていないトランザクションや、今まさに作られているトランザクションなどの内容を検証し、ブロックに追加するという作業を行います。

この時、ブロックに含まれているブロックヘッダがアルゴリズムの要求を満たす状態になるとブロックが完成し、ネットワーク上へと配信されます。
何人ものマイナーが同時に検証作業を行い、ブロックの生成を目指します。
しかし、同じブロックがいくつもあると返って混乱するので、ブロックは必ずその中で最も早く、そして正しく作成された1つだけが登録されます。
マイナーは早くブロックを作成するために常に競争している状態なのです。

・仮想通貨のマイニング報酬とは?

仮想通貨のマイニングでは、ブロックの生成に成功したマイナーに対してマイニング報酬が支払われます。
このマイニング報酬を目当てにしてマイニングを行っている人も多く、Bitcoinにはマイナーが集まってマイニングを行っているマイニングファームや、マイニング専門の企業などもあります。

仮想通貨によってはマイニング報酬も異なり、例えばブロック生成速度を早くするためにマイナーが分担して計算を行い、計算した分量に応じてマイニング報酬が分配されるものもあります。
また、最近増えているProof of Stakeというアルゴリズムを利用している仮想通貨の場合、コインの保有数や年数に応じてブロック生成権利が与えられ、報酬を得ることができる仕組みとなっています。
近年はProof of Workにおいて寡占化やマイニングマシンの電気消費が大きいことなどが問題視され、Proof of Stakeを採用している仮想通貨も増えてきました。

仮想通貨における報酬はこういったものがありますが、それ以外にも仮想通貨の報酬といえるものが存在します。

・マイニング以外の仮想通貨の報酬は?

仮想通貨の中には、持っているだけで報酬を得られるものもあります。
株の配当金のようなもので、その仮想通貨が提供するネットワーク利用者から得た手数料などを、仮想通貨の保有者に対して分配するというものです。

マイニングのように電気代や高性能なマシンも必要なく、ただ待っていれば増えていくのです。
また、仮想通貨のネットワークでアプリや動画、画像などを販売し、その報酬として仮想通貨が支払われるというものもあります。

仮想通貨で支払うメリットとしては、送金が簡単という点があります。
その一方で、仮想通貨は価値が変動しやすいため、安定した収入とは言い難いでしょう。
例えば10万円分の仮想通貨を報酬として受け取ったにもかかわらず、1週間放置していたら5万円にしかならなかった、という場合もあります。

ただし、価値が上がって20万円分になる可能性もあるので、一概にダメともいえません。

・まとめ

仮想通貨といえば投資対象というイメージが強いかもしれませんが、様々な形で配当が分配される仮想通貨も色々とあります。
売買だけで稼ぐわけではないので、売買前にマイニングなど様々な方法にチャレンジして報酬を得られるように頑張ってみてはいかがでしょうか。