仮想通貨のセキュリティ対策方法とは?~具体的な対策方法~

仮想通貨を取り巻く問題として、ハッキング被害などもよくあります。
仮想通貨を取り扱う際は、セキュリティに気を配る事が大切です。
どのようなセキュリティ対策をすればいいのでしょうか?

・仮想通貨は自分で管理しよう

仮想通貨を購入した後に、自分のウォレットに移さず取引所の口座に置いたまま長期間放置している人がいますが、これはかなり危険です。
仮想通貨取引所のセキュリティは厳重ですが、それでも万全ではありません。
そしてハッカーなどがまず狙う場所は、大量の仮想通貨が預けられている取引所です。
取引所といえば、最近だとコインチェック、少し前だとMt.GOXの事件が印象に残っていると思います。

取引所には多額の仮想通貨がある為、セキュリティを厳重にしてもハッカーはその穴を見つけ出し、ハッキングをして盗み出してしまうのです。
取引所の場合、ハッキング被害によって受けた損害についてはなるべく補償しようとしてくれる事が多いのですが、それでも取引所がつぶれてしまい泣き寝入りになる、という事もあり得ます。

また、たとえ保証してもらえるとしても、事件が起こってからはその被害の確認やセキュリティの見直しなどが行われる為、その調査が終わるまでは仮想通貨の移動ができなくなる事もあります。
もしもその間に大暴落などが起こり、損切りもできないような事になったら大変です。
それに、ハッキング被害を受けた取引所に預けっぱなしというのも不安が残るでしょう。
期待できる仮想通貨のICOがあっても、参加できないかもしれません。

こうした理由から、仮想通貨を取引所に預けたままにするというのはおすすめできません。きちんと自分のウォレットに入れて管理した方がいいでしょう。

・自分でできる仮想通貨のセキュリティ対策

自分で仮想通貨を持っているからと言って、ハッキングの被害などが皆無という訳ではないので、自分でできるセキュリティ対策もしっかりと行いましょう。
まず、最もシンプルな方法として、仮想通貨を保管しておくウォレットはセキュリティ性の高いハードウェアウォレットを利用しましょう。

仮想通貨を保管するハードウェアウォレットは、必要な時以外インターネットにつないでいないので、ハッキングなどに対するセキュリティが高いのが特徴です。
端末のアクセスにはパスコードが必要なので、パスコードをしっかりと管理しておけば盗難被害などの心配もありません。
とりあえずしばらく使う予定がない仮想通貨は、ハードウェアウォレットに入れてセキュリティ対策をしておくのがオススメです。

一般的なウォレットはソフトウェアウォレットとなるのですが、ソフトウェアウォレットには必要な分だけを入れるようにしましょう。
手軽に使える反面、どうしてもセキュリティ面での不安は残ります。
セキュリティ対策の機能があるウォレットも多いので、そういった機能はなるべく使えるようにしておきましょう。

また、パスワードは使いまわさないようにして、面倒でも細目に変えておきましょう。
定期的に違うパスワードに変更するのも重要なセキュリティ対策なのです。
セキュリティ対策というのは色々と手間がかかりますが、大事なデジタル資産を盗まれないようにする為には必要な事です。
ただし、あまりセキュリティにこだわりすぎて、自分でもパスワードを忘れてしまうような事態にはならないように注意して下さい。

・まとめ

仮想通貨を取り扱う際は、セキュリティ対策を十分にしなければいけません。
自分の財産ですから、取引所に預けたままにせず、その管理は自分でしっかりと行いましょう。
ハードウェアウォレットは対応している仮想通貨が限られますが、対応している場合はなるべく利用した方がセキュリティとしては安全です。
ソフトウェアウォレットでも、セキュリティはなるべく高めて使うようにしましょう。