マイニング報酬には税金がかかるの?~計算方法と注意点~

仮想通貨の売却によって利益を得た場合、雑所得としてきちんと申告しなければいけません。
しかし、マイニングによって仮想通貨を得た場合は、税金がかかるのでしょうか?

・マイニングで得た仮想通貨の税金

マイニングで仮想通貨を得た場合は、その時価に応じた分を利益として計算します。
ただし、その利益からはマイニングにかかった諸経費を差し引く事ができます。
マイニングにかかる経費といえば基本的には電気代ですが、マイニング専用のマシンを購入した場合などは減価償却費として計算する事もできるでしょう。

マイニングによる利益の税金を支払う為には、確定申告が必要となります。
ただし、会社員など他の収入減がある場合は、年間の利益が20万円を超えた時だけ確定申告が必要となります。
他の所得がない場合は、38万円を超える利益があった場合です。
その為、経費を差し引いたマイニング報酬が赤字や極少額であれば、当然の事ながら確定申告は必要ありません。

マイニングにかかる税金は、仮想通貨の売却にかかる税金や計算方法などが異なるので、混同しないように気を付けましょう。

・マイニング報酬にかかる税金を計算する時の注意点

マイニング鳳雛にかかる税金を計算する時には、色々と注意するべき点があります。
その最たる点は、価値の計算をするタイミングでしょう。
通常、仮想通貨の利益を計算する時は、その通貨を手放したときの時価に応じて計算します。しかしマイニング報酬の場合は、マイニングによって報酬となる仮想通貨を得た時点での時価を基準にして税金を計算します。

つまり、同じ仮想通貨でも時価が100円の時に得たマイニング報酬と、時価が200円の時に得たマイニング報酬は、全く別の計算をしなければいけないのです。
その為、正確にマイニング報酬を計算して申告する為には、細かい値動きのデータを常に記録しておく必要があります。

また上述したように、マイニング報酬からは必要経費を差し引く事ができます。
この必要経費には電気代や設備台などが当てはまりますが、それ以外にも必要経費として認められる可能性があるものがあります。
例えば、仮想通貨取引所に支払った取引手数料、および入出金手数料などは、必要経費として計上できる可能性があります。

また、マイニングのやり方を学ぶ為に支払った書籍代や有料の情報サイトの料金、セミナーの費用や参加の為の交通費・宿泊費などです。
こうした費用については、どの範囲までが必要だったかを税務署で判断する為、一応計上しておくようにしましょう。

また、こうした経費ついては必ず領収書やレシートを受け取り、大事に保管しておきましょう。
更に言えば、自宅の面積のうち、マイニング用のマシンが占有している面積に応じた家賃も経費として認められます。

機材の維持費がかかる場合は、その維持費も経費となります。
このように、仮想通貨のマイニング報酬にかかる税金を計算する場合は、かなり面倒な部分があります。

ビットコインなどの高額な仮想通貨のマイニングならともかく、単価の安い仮想通貨のマイニングの場合は、税金が課されるほどの価値がない可能性もある為、細かい計算をする前に、まずはマイニング報酬が年間で20万円を超えるだけの価値があるかどうかを計算してみましょう。

・まとめ

マイニング報酬にかかる税金については、ビットコインを基準としてその計算方法を一律に決めていると思われます。
その為、単価が安い仮想通貨では非常に複雑となってしまうのです。
だからといって申告しなかった場合は、脱税と思われてしまうかもしれないので、なるべくきちんと申告しましょう。
今後、マイニング報酬にかかる税金については、その内容が見直される可能性も高いと思われます。
そうなった時には、計算方法を間違わないように十分に気を付けましょう。