MUFGが開発した仮想通貨「MUFGコイン」とは?

日本が誇る大手銀行の1つである「MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)」が、「MUFGコイン」という仮想通貨を発表しています。
仮想通貨は銀行との関わりが深いことで知られており、大手銀行が発表した仮想通貨というだけあって、大きく注目されています。
MUFGコインについて解説しましょう。

MUFGコインの概要

MUFGコインは、ブロックチェーンを利用して銀行システムの利便性を高めるために開発されました。
MUFGコイン用のアプリをダウンロードすれば、アプリで送金システムが利用できたり、ショッピングの決済方法としてMUFGコインが使えるようになったりします。
もちろんそれだけでなく、ブロックチェーンによって送金のスケーラビリティ改善も目指しています。
送金のスピードが上がり、手数料もこれまでより大幅にカットできることが見込まれています。
またMUFGコインは他の仮想通貨とは違い、1コイン約1円で価格を固定させることによって、高い安全性のままユーザーが利用できるようにするとも発表されています。
MUFGコインの社内での利用はすでに行われており、システム性に大きな問題がないことは実証されています。

MUFGコインを開発した目的

MUFGコインが開発された目的の1つに、「キャッシュレス化によるコスト削減」が挙げられます。
日本における現金の決済システムは、維持するだけで年間2兆円もの莫大な費用がかかっています。
ATMの維持費用や管理費用、人件費などは、このまま現金での決済が主流であり続ける限り、なかなか削減が難しいとされています。
そこでMUFGは仮想通貨を導入し、コストを削減しながら高いセキュリティ性を保とうと考えています。
また現在の銀行システムでは口座の開設に手間がかかるため、1つの銀行で複数の口座を開設するのが簡単ではありません。
ただMUFGコインにおけるウォレットの作成は、ユーザーにとっても簡単で銀行にとっても管理費が削減できるメリットがあります。
したがって、1社で複数の口座を開設して、ユーザーが目的に合せて口座を駆使しやすくなるのです。
また家族全員で利用するウォレットや、団体で利用するウォレットの作成など、これまでの銀行システムでは難しかった口座の利用方法も可能になると言われています。

MUFGコインのデメリットや問題点は?

MUFGコインは利便性には長けていますが、まだ利便性を最大限に発揮できるだけの法制度が追いついていないという現状があります。
たとえば、MUFGコインを利用してショッピング決済をする場合、自分で確定申告が必要になる可能性があります。
仮想通貨を購入し、利益が出た状態で決済をすると、購入時から決済時に発生した利益が確定申告の対象になってしまいます。
MUFGコインはそれほど大きく価格が変動しないとはいえ、他の仮想通貨と同じように、確定申告の手間がかかる場合があります。
ただキャッシュレス化は政府によって推進されているということもあり、今後このような手間がかかる法律は、徐々に改正されていくのではないかと言われています。
またブロックチェーンは、従来の銀行システムよりもスケーラビリティを改善できるという話をしましたが、これも実際のところは不透明です。
もしMUFGコインのユーザーが急激に増加することになれば、ビットコインなどと同じように送金詰まりが発生してしまうかもしれません。
MUFGコインの仮想通貨としての利便性がうまく機能しなくなったとき、迅速に対応できるかどうかが課題であると言えるでしょう。

まとめ

MUFGコインは、大手国内銀行が開発した仮想通貨というだけあって、開発目的やセキュリティ面の対策もしっかりしていると言えるでしょう。
キャッシュレス化を進めるためには、大手銀行による仮想通貨の導入が積極的に行われることが必要不可欠でしょう。
MUFGコインの登場をきっかけに、他の大手銀行もキャッシュレス化運動を進めていけば、主流になる日も近いかもしれませんね。