【ETC】遺産相続の申告や払いすぎた相続税の還付を専門の税理士が無料サポート!

払いすぎた「相続税の還付」を日本指折りの専門税理士が無料でお助けします!

泉先生から教わった以外の案件も公開していきます

このサイトでは基本的に「最上流の情報」しか取り扱いません。

私自身もお話を伺ってみて、
「これなら人様に紹介したら大いに喜んでもらえる!」
心から共感できた案件だけをサイト上でご紹介します。

泉忠司先生からの世界最上流の投資手法については

ほかにも「海外不動産のお話」などあるので
そちらも準備が整い次第お知らせしますね。

納め過ぎていた「相続税」が大幅に戻ります!

今回ご紹介するものは、以前お知らせしていた
「火災保険の上手な活かし方」と同じように、

申込者にとってリスクやデメリットが一切ありません。

【VIP】リスク0で高額な保険金を引き出せる方法〜火災保険の上手な活かし方〜

2016.06.02

しかも火災保険の事例では
「1件あたり平均100万円」
がノーリスクで降りてましたが、

今回はなんと「平均3,700万円」という超高額!

はるかに大きな報酬還元が得られます

建物のオーナー(所有者)ほど
パイは大きくないかもしれませんが、

それでも遺産を相続するという機会は
誰にでも起こり得ます。

「知らないと確実に損する」

つまり言い換えれば

知っておくだけで大幅な得になる
貴重なお話の1つです。

知らないと損してしまう!相続税の申告と還付のお話(3分33秒)

あなたが今そこに存在するのは、ご両親や祖父母がいらっしゃればこそ

今あなたが存在しているということは、
あなたを産んでくれたご両親がいるということです。

そのご両親には、お二人を産んでくれた
あなたにとっての祖父母がいます。

このように人というのは
つながりの中で生きているわけですが、

このつながりを現実的に考えさせられるのが「相続」です。

祖父母が亡くなればその遺産をご両親が、
ご両親が亡くなればあなたが

「その遺産を相続する」ことになります。

ご遺族から授かった「大切な資産」

親が残してくれたものを相続するというのは、
ある意味で「最後の親孝行」ともいえるでしょう。

ただ、遺産を相続するというと、

「非常にいいことばかり」

だと思われてる方も多いのではないでしょうか?

「遺産の相続」において必ず絡んでくる「税金の問題」

ドラマや小説のように
都合よく遺産で大金が入ってくる

そんなシーンはそうそう起こらないものです。

実際に、遺産を相続するとなると
いろいろな手続きも必要になってきます。

その中で忘れてはいけないのが「税金の問題」です。

普通に生きていても
何かと税金でお金を持っていかれるものですが、

遺産を相続する際にも
相続税」というものが発生してくるのです。

正直なところ、

「こんなところまで税金がしゃしゃり出てくるなよ・・・」

そんな風に感じられる方も多いはず。

税金を納めるというのは致し方のない部分があります。

ただ「仕方がないから」といって
言われるままに税金を納めている方は
注意が必要です。

税務署は私たちから「お金を搾り取ること」しか考えてません

税金について担当しているのは「税務署」ですが、
この税務署は基本的に

できる限り税金としてお金を回収していこう
というスタンスでいます。

要は、税務署に言われるままに税金を納めていると、

本来であれば納めなくても済むようなお金まで
回収されて絞り尽くされてしまうのです。

しかしながら、
この税務署に対抗しようにも
税金というのは素人にとって非常にむずかしい領域

私たちの心強い味方、税理士!

そこで、物心両面の支えとなるのが「税理士さん」なのです。

税理士さんというのは、
その名前の通り「税金のプロフェッショナル」

税務署に対抗できるのは
「税理士さんしかいない!」

と言っても過言ではないでしょう。

税理士さんに相談することによって

「支払うべき税金」と
「支払わなくてもよい税金」

というものが明確になります。

右も左も分からないまま
ホイホイ納めていたのでは、

あなたのことを想って
せっかく両親や祖父母が築いてくれた

掛け替えのない資産がムダになってしまいます。

税理士さんに相談して「納める税を節約」していきましょう!

相続税の「申告」から驚くほど納税されて「お悩みの方」まで

この全くのノーリスクな案件の全体像として、

まず相続税を「払い過ぎている人」が本当に多いです。

「遺産の相続」に直面すると、ほとんどの方は
お近くの税理士さんへと駆け込むことになりますが、

申請に際して必要な書類や手続きが多く、

業界内でもかなり「難易度の高い分野」とされてます。

『相続税対策を専門に扱っている税理士』
というのは現状ほとんど存在せず、

税務署の言うがまま
為すがままになってしまい、
強気に出られない税理士さんも多いのです。

今回、私自身も含めたチームメンバーで結成する
「日本安心相続対策センター」では、

日本国内でも5本の指に入り、
大手上場企業をクライアントに持つ

【業界TOPクラスの相続税専門の税理士さん】

直接つながりを持つことが叶いました!

申込者の「10人中9人に平均3,700万円」もの税金が還付!
確かな実績で「50%以上の還元」も見込めます!

こちらでつながりを持った
専門の税理士さんに詳しくお話を伺うと、

相続税の払い戻しを申請された方の

10人中9人、つまり「90%の方」に
払いすぎた相続税が還付されています!

しかも1件あたり「平均して3700万円」もの
超高額な相続税が還付されてるのです!

すでに支払い済みとなった相続税の
「50%以上が還付」されるケースも
珍しくありません。

百戦錬磨の「相続税専門の税理士」があなたの担当に!

それもひとえに実力と経験を兼ね備えた
「相続税の対策専門の税理士さん」による
お力添えがあってこそ実現できます。

しかも、この案件においては
「相続税の還付」を希望される方だけでなく、

「初めての相続税の申告」をお願いすることも可能。

つまり、相続において一番はじめの段階から
無駄な税金を一切支払うことなく、

必要最小限の金額で済ますことが出来るのです

ご自身でのお申し込みも大歓迎ですし、

身の回りのお知り合いや、ご家族親戚縁者の皆さん
口コミで伝え広めていっても

躍り上がらんばかりの勢いで大喜びされます!

申込から還付まで「約2〜3カ月」、早いもの順に「無料調査」

最初のご相談やヒアリングを経た診断は
「完全無料」で対応いただけて、

実際に「税金が還付された場合のみ

成功報酬」として「還付金の30%」を
のちほどお支払い頂ければOKです。

つまりあなたにとって全くのノーリスクだということ!

  • 無料相談から現状のヒアリング
  • 書類一式の送付と土地の再評価
  • 税務署への申告および税金の払い戻し

この一連の手続きには「およそ2〜3カ月」かかります。

税金が還元されるまで、気長にお待ち頂ければ幸いです。

必要な書類一式を揃えて「ただ待っているだけ」で
高額な現金が手元に戻るのですから、

こんなにありがたい話はありません!

完全成果報酬」でお受けします!

しかも万が一にも税金が戻らなければ、
一切の持ち出しなく「タダ(0円)」で済みます。

最初のスタッフへのご相談から
払い戻し可能かどうかの初期診断まで

「全て無料」で対応してもらえますから、

納税額が少しでも気になったら
申し込まない手はないですよね

後回しにすればするほど「時効」が迫り、

「順番待ち」となって調査スタートが
数ヶ月先になる可能性もあります。

もし大きな税金の払い戻しがあれば

それだけで数年間は働かなくていいくらいの
現金が手元に残せるわけですから、

今すぐにでも申込手続きを済ませるべきです。

相続税還付の「時効は5年」! お急ぎください!!

現在の日本の法令では
相続にまつわる還付手続きの

「時効は5年」と定められており、

5年間を過ぎてしまうと、
払い戻しは一切不可能になります。

当方では、成果の発生後に
報酬をお渡し頂ければよいので、
いま手元に資金が全くなくても始められます

相続税対策は何よりも「スピードが命」!

不本意に税金を納めすぎることなく、
あなた自身にしっかりと
身内からの大切な資産が残り、

お金の心配がいらない安泰な生活が
もたらされることを心から願っています。

マンガで学ぶ「相続専門の税理士さん」が必要な理由(4分51秒)

税理士事務所が「矢面に立てないワケ」

このように中継ぎのサービスが必要な背景には、

『相続税の払い戻しを申請する』

というのは、ほかの税理士さんの
粗さがしをするのと同じことであり、

目の敵にもされてしまうために
税理士事務所のほうで
あまり大っぴらには宣伝できない、

という込み入った事情があります。

いかに実力や実績を備えていても
同業他社さんを真っ向から
敵に回すのは怖いですからね

「もちはもち屋」に任せよう!

そもそも一括りに「税理士さん」
と呼んではいますが、

例えば「お医者さん」でも

外科・内科・小児科・消化器科・・
といった具合に専門が分かれています。

さらにそこから『外科』一つを取っても、

脳神経外科・整形外科・心臓血管外科・呼吸器外科・・

といった形で、
さらに10つ以上の専門分野に
細分化されているのです。

税理士さんの場合もこれと同じように、

それぞれ得意とする領域や
専門に扱う分野が違ってきます。

そんなわけで、

「相続税についてのお悩み」
正しい判断の元に解決したければ

「相続専門の税理士さん」に
お願いして診断してもらうのが
やっぱり何よりも確実なのです。

脳神経外科の手術を内科医の先生にお願いする

そんなトンチンカンな依頼は絶対にやめてください!

無料相談と併行して進めていくこと

このページのリンクから無料相談に申し込んだあと、
あなたの為すべきことはただ1つ。

「必要な書類一式を揃えること」

ここが一番のハードルになります

けっこうな種類の申告資料が
必要になりますので、
あらかじめ心の準備だけしておいて下さい。

もちろん「日本安心相続対策センター」のスタッフも
ご用意いただく資料が何なのかご案内したり、

「最初はこちらです」
「その次はこれとそれになります」
と、
一緒になって準備を進めさせていただきます。

ただ、あなたやご家族の証明資料を揃えるために
お申込された方の積極的な働きかけが必要不可欠です。

その点だけご理解・ご協力のほどお願いいたします。

もちろん外注に頼めば資料の用意を代行してくれる
業者もありますが、相応の手数料はかかります。

相続税の申告(還付)に必要な資料

ここでは申告手続きに必要となる資料を記載します。

「下記に挙げるもの全て」が必要になるわけではなく、

【該当する書類】をそれぞれ
ご用意いただければ大丈夫です。

「相続税の還付手続き」を希望される際は、

最初に申告したときの書類一式

が該当する書類に当たります。

〈身分関係〉

  • 被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本
  • 被相続人の住民票の除票
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の住民票
  • 相続人の戸籍の附票
  • 相続人全員の印鑑証明書

〈不動産関係〉

  • 登記簿謄本(全部事項証明書)
  • 地積測量図および公図の写し
  • 固定資産税評価証明書
  • 住宅地図
  • 名寄帳(固定資産課税台帳)
  • 賃貸借契約書
  • 農業委員会の証明書

〈上場株式関係〉

  • 証券会社の預り証明書(残高証明書)
  • 登録証明書(残高証明書)
  • 配当金の支払通知書
  • 被相続人の最近5年間の取引明細

〈非上場株式関係〉

  • 決算書、税務申告書など
  • 残高証明書
  • 投資信託についての信託財産留保額および個別元本額

〈現金預金関係〉

  • 預金残高証明書
  • 既経過利息計算書

〈生命保険関係〉

  • 生命保険金支払通知書
  • 生命保険証書のコピー
  • 火災保険等の保険証書のコピー
  • 解約払戻金の分かる資料

〈その他の資産〉

  • 自動車の車検証のコピー
  • 退職金の支払通知書(源泉徴収票)
  • 電話加入権
  • ゴルフ会員権、リゾート会員権
  • 貸付金、前払金等
  • 貴金属、書画、骨董などの取得価額
  • 未収となっている給与、地代、家賃
  • その他、金銭的価値のあるもの

〈過去3年以内に贈与をされている場合〉

  • 贈与税申告書
  • 贈与契約書

〈相続時精算課税制度の適用を受けている場合〉

  • 相続時精算課税制度選択届出書
  • 贈与税申告書
  • 贈与契約書

〈債務・葬式費用関係〉

  • 金融機関からの借入金
  • その他借入
  • 未納租税公課など
  • その他債務
  • 葬儀費用
  • 被相続人の過去3年分の確定申告書
  • 遺言書のコピー
  • 名義資産、負債
  • 障害者手帳のコピー
  • 過去の相続税申告書

必要な「資料一式」が揃うよう「全面バックアップ」いたします!

これら様々な用途の資料について

「それぞれの意味するところ」
「取得方法」についても

ご相談いただいた方には
さらに詳しくWebページでの解説や
お電話でのサポートを「無料」で実施いたします。

なので今はよく分からない状態でも
全く問題ありません。

担当スタッフからのお電話と
メールサポートを通して

「2人3脚」で進めていきますので、

どうぞ安心して申し込みを完了させてください。

申告(還付)時の注意点 → 対応範囲は「関東近郊」

相続税の申告または還付について、

基本的に「対応範囲」となるのが

東京・神奈川・埼玉・千葉などの
首都圏近隣がメインとなります。

調査のための担当の税理士が
何度も足を運ぶことになるために

自ずと行動範囲も制限されます。

案件によっては栃木や群馬など
範囲を広げての調査も可能です。

まずは一度ご相談ください!

注意点その2 →「相続登記」

不動産や土地を相続された際に、

権利者の名義変更
つまり「相続登記」を行う必要があります。

この相続登記について期限はありませんし、
登記する義務も本来ありません。

ただそのままにしておくと、
不動産や土地を活用したり
売却などを行うことが出来なくなり

税金の還付手続きにも支障をきたします。

のちのち権利関係が複雑になるケースもありますので、
できるだけ早めに行うほうがよいでしょう。

注意点その3 →「旧借地法の適用」

大きな税金の還付が見込めるのは
「不動産」や「土地」が
絡んだケースがほとんどになります。

その際に「借地借家法」のような
新しい法律が適用されるのが基本ですが、

平成4年7月31日以前に設定された借地の場合

見直すべき「評価指摘事項」も変わってきます。

このように極めてシビアな判断が求められる
「相続税の再評価」について、

【信頼のおける相続専門の税理士】
できるだけ多くの還付が見込めるよう
具体的かつ仔細に調査してくださいます

私たちの聞きかじりの知識では
どうしても判別できない事例が多数あるのです。

手遅れになる前に、まずは「無料相談」の活用をオススメします。