トークンを発行するにはどうしたらいい?~仕組みの詳細~

仮想通貨について調べると、時折トークンと呼ばれるものが出てきます。
トークンというのは仮想通貨と比べれば比較的簡単に発行できるようなのですが、どうやったら発行できるのでしょうか?

・仮想通貨とトークンの違いは?

大体の人は、仮想通貨の違う呼び方がトークンだと思っているようですが、実はある程度の違いがあります。
一般的な区別として、仮想通貨といわれるのは独自のブロックチェーン、もしくはそれに類する技術を用いて開発した、ネットワーク上で利用できるデジタルな通貨の事をいいます。BitcoinやEthereumで使われているBTCやETHなどがその代表です。
それに対して、トークンというのはすでにあるブロックチェーンを借りて作成された通貨の事をいいます。

この場合は通貨というよりも、ポイントやクーポンのように考えたほうが区別しやすいかもしれませんが、例えばEthereumのブロックチェーン上で作成できるERC20トークンは、その利用方法が限定的となります。
仮想通貨を発行したい場合は、まずブロックチェーンの開発からはじめなければいけないのですが、トークンを発行したい場合は既存のブロックチェーンでトークンを発行する機能を使うだけで発行できるので、トークンの発行は比較的簡単、という事になります。

・トークンを発行する為には?

トークンを発行するには、まずその目的をはっきりとする必要があります。
例えばアプリケーションを開発して、その中で使える通貨としてトークンを発行する事もありますが、ポイントカードのポイント代わりにトークンを発行している場合もあります。また、特に使い道もなく、友人に配る為などの目的で発行されているトークンもあるのです。
もしもアプリケーションの開発に関連したクーポンを発行するのであれば、そのアプリケーションを開発するブロックチェーンから選ぶ必要があります。

ブロックチェーンごとに利用できる開発言語なども異なるので、まずは色々な仮想通貨について調べてみましょう。
また、サービスポイントの代わりや個人用など、トークン自体の使い道をあまり持たせないようにするのであれば、なるべく簡単に発行できる方がいいでしょう。
トークンを発行する為のプラットフォームを提供している仮想通貨やトークンもあるので、たとえプログラムなどができなくても問題はありません。
それでは、トークンを発行できる代表的なサービスについて紹介していきます。

・トークンはどこで発行できる?

トークンを発行する場合は、Ethereumブロックチェーン上で発行できるERC20トークンが最も有名でしょう。
これは、Ethereumブロックチェーン上で開発を進めるプロジェクトが、決められた規格に従って発行しているトークンの事です。
ウォレットなども対応しているものが多い為、多くのトークンが発行されています。
トークンそのものを発行する事を目的としている場合は、Counterpartyというプラットフォームを利用するといいでしょう。

CounterpartyはBitcoinのブロックチェーンを利用している為、Counterpartyの通貨であるCPもトークンなのですが、これはどちらかといえばBitcoinのブロックチェーンを利用してトークンを発行する為の拡張機能として捉えられています。
Counterpartyを利用してトークンを発行するのは非常に簡単なのですが、発行にはCounterpartyで発行しているXCPと、手数料として少額のBTCが必要となります。
この場合は、最低限トークンの名前と発行する数量だけを決定すれば完了です。
もちろん、真面目なプロジェクトなどに利用する場合はもっと決定する項目があるのですが、ポイントの代わりに使う場合やプライベートな利用であればこれで十分です。
この時、トークンの価値は使用したXCP分の価値となり、トークンをBitcoinのブロックチェーン上に記録する為の手数料としてBTCを支払う必要があります。

・まとめ

他にもWaveなど、主要な仮想通貨ではトークンを発行する為の方法があります。
それぞれのブロックチェーンによって利用できる機能なども異なるので、どういった機能を持たせたいかを考えながら発行するところを選ぶといいでしょう。