「情報の価値」が分からない人たち

「情報の価値」が分からない人たち

日本人は「情報の価値」を甘く見すぎです。

目に見える商品じゃなければ
価値を感じられない大バカもの

があまりにも多すぎて、呆れ果てるほど。

日常的に「万引き」を目撃します

以前に異業種交流パーティーに参加した時のこと。

初対面と思われる男性2人が僕の近くで
会話しているのが聞こえてきました。

話の内容から察するに、
Aさんは弁護士、Bさんはサラリーマンです。

名刺交換をしてAさんが弁護士とわかると、
Bさんはおもむろに

「弁護士さんですか!
 実は父が先月亡くなったのですが、
 相続をめぐって兄と喧嘩になっていて…」

と悩みを打ち明け始めます。

そして

「こういうケースではどのように法的に
 対処していけばいいのでしょうか?」

と解決策を求めました。

僕は「おいおい、万引きしてることに気づけよ!」
と思わずにはいられませんでした。

弁護士にとって法律相談は商品です。

もしかしたらそのパーティーに来る前にも、

弁護士事務所でクライアントから同じような
【相続のトラブルに関する相談】
受けていたかもしれません。

そこでは当然ですが、
1時間あたり5000円のような形での
費用が発生しているはずです。

そう考えると、
Bさんがやってることは完全に万引きですよね。

目に見える商品、目に見えない商品

例えば、同じようにパーティーで出会った相手が洋服屋だとします。

「洋服屋ですか!洋服ください」と言いますか?

言うわけないですよね。

洋服屋にとって『洋服が商品』であるように、
弁護士にとって『法律相談は商品』です。

両者の違いは、目に見える商品か、
目に見えない商品かということ。

どちらも価値ある商品で、
【代金を支払わなければ入手できないもの】
であることには変わりありません。

Aさんが少しだけ解決のヒントを提示したうえで、

「詳しい相談は事務所にいらしてくださいね」と言うと、
Bさんはあからさまに不満そうな表情を浮かべました。

Bさんは「法律に関する知識」という「情報」に
大きな価値があり、

本来なら対価を支払わなければならないことに、
まったく気づいていません。

他ならぬ自分自身がその「情報」を
喉から手が出るほど欲しがっているのに。

程度の差こそあれ、Bさんと同じような
感覚の日本人が本当に多いことに辟易します。

「情報」の計り知れない価値

「情報」には計り知れない価値があります。

だからこそ、「この商品がオススメ!」という

「情報」を売ってお金をもらう
『アフィリエイトのビジネスモデル』
が成立するのは当然のこと。

「情報」を売ってお金をもらうことに対する
罪悪感なんて感じる必要はありません。

ちなみに、この文章を読んでいるあなたは、
今まさに「お金を稼ぐノウハウ」という
「情報」をもらっているんです。

情報が氾濫する時代であればあるほど
情報の価値はますます大きいものになります

目に見える商品だけでなく、
「情報」という目に見えないものにも、
凄まじい価値があることを認識してください。

正直言って、ビジネスでも投資でも、

《上質な情報を持つか持たないかがすべて》

だと言っても過言ではありません。

どれほど株の勉強をしても、

「日本で最も株で稼ぐ人が購入してる銘柄」
を知っている人に敵うわけがない。

どれほど不動産の勉強をしようと、

「3年後にこの場所に駅ができる」
という情報を持っている人には敵わないのです。

「情報」は上流から下流に流れる

「情報の価値」が分かればなおさら、
『質の高い情報を入手したい気持ち』
は強くなりますよね。

要は「オイシイ話」が欲しいのです。

ところで「オイシイ話がある!」というふうに、
誰かから言われた経験が一度や二度はありませんか?

残念ながら、その「オイシイ話」は嘘ですよ。

「オイシイ話」が易々と手に入るところにあるわけがありません。

たとえば年収200万円の人が
「オイシイ話がある!」と言ってきたとして、
それを信じること自体がナンセンス。

なぜその人に「オイシイ話」が入ってくるんですか?

そんなわけないですよね。

「情報」の流れ方のメカニズム

「情報」は川と一緒で上流から下流に流れます。

あらゆる情報は最初に【最上流のポイントに入ってくる】のです。

そして最上流のポイントにいる人たちが
「これはいい!」と思う「最上流の情報」を取って、
不要な情報を捨てます。

そして、次の層にいる人たちが、流れてきた情報から
「これはいい!」と思う情報を取って、
不要な情報を捨てます。

そして、その次の層にいる人たちが、流れてきた情報から
「これはいい!」と思う情報を取って、
不要な情報を捨てます。

これが繰り返されるので、

「巷でどこででも誰でもが無料で入手できる情報」は
カスしか残っていません。

では「オイシイ話」は
存在しないのかというと、
そんなことはない。

「オイシイ話」は確かに存在しています。

でもそれは、
上流のポイントにいる人たちしか
入手できないのです。

『人脈』と『情報』さえあれば、お金は勝手に増えていく!

僕のビジネス全般のメンターである泉忠司先生が、

テレビなどでもおなじみの著名な億万長者である
「株式会社ストーンマーケット」の
中村泰二郎社長と一緒に食事をした時のこと。

中村社長が

「0から1000万円作るまでが一番しんどかったけど、
 その後はどんどん楽になるよね。
 人脈と情報でお金が勝手に増えていく。」

とおっしゃいました。

億万長者は誰もがこの発言に共感するでしょう。
確かにそのとおりなのです。

お金を稼げば稼ぐほど人脈が変わり、
人脈が変わると入ってくる情報が変わります。

そして、ステージが上がれば上がるほど、
その情報の質がどんどん高くなっていくのです。

「オイシイ話って本当にあるのかな?」
という疑いが、

「世の中オイシイ話ばかりだなぁ」
という確信に変わります。

仲間たちと一緒に食事をしながら、

「どうしてこんなにオイシイ話がいっぱいあるんだろう。
 また稼げちゃうね」

と1年のうちに何度口にすることか。

《世の中は不公平だと思いませんか?》

間違いなく、完全に不公平です。

この社会のルールは、金持ちに都合のいいように作られています。

金持ちはさらに金持ちに、
貧乏はさらに貧乏になるようにできているのです。

これはなんとも悲しい事実なのですが、

話を戻すと「情報」は上流から下流に流れます。

僕の体験的な実感からしても、
泉先生をはじめとしたあらゆる億万長者の話
総合して考えても、これは間違いありません。

つまり、いかに最上流のポイントで
「情報」を入手するかが重要なのです。

「最上流の情報」をつかみ取れ!

ここまで言及してきたことで、

【億万長者に成るには、億万長者と友だちになるのが最短距離】
というのが、身にしみて理解できるのではないでしょうか。

僕自身は、泉忠司先生をメンターと仰ぎながら
行動を共にさせていただき、
彼の発信する情報だけに一点集中したことで、
そのような奇跡を目の当たりにできました。

「最上流の情報」がいつの間にか
気づいたら流れて来る、なんてことはありません。

【自らつかみ取りに行かなければならない】のです。

その意味で、今このサイト記事を読んでいるというのは。
間違いなくその大きな一歩を踏み出しています

自らの人生をよりよく向上させようとする
前向きな意志のあるあなたには、

僕から『究極のギフト』を贈ります。

「デイリーメール」と「会員専用サイト」でギフトをお届け

それは、世界でも数えるほどの超希少な情報。

各国で国賓級に歓待される泉先生だからこそ知りえ
「その豊かな人脈から直接流れてきた極秘案件」

「その最上流の情報を用いて確実に稼ぎだす手法の全て」
メール配信と専用サイトにてお伝えします

そしてこの最高クラスのご案内は、なんと【完全無料】でOKです!

いまの苦境から脱却できる人が
少しでも増えるようにと願い、

僕からあなたにお届けする、
『これ以上ない究極のギフト』だと
自信をもってオススメできます。

「世界最上流の情報」に触れて涙を流す人も

僕は「投資初心者.biz」のサイト運営や
メルマガと会員サイトでの情報発信を通して、

『これ以上ないくらい最高のもの』
を提供している自信があります。

実際にセミナー参加された方
メルマガ読者さんからも、

「初めてサイトを発見して泣きました」
「このような場所を用意してくださって本当によかったです」

と、いくつもの感激や喜びの声を頂戴しています。

規定数に達したらすぐに締め切ります

ある意味では身近にいる人ほど「灯台下暗し」で、

よくよく確認するチャンスを見逃してしまったり、
巷にあふれる下流の情報と一緒くたに
見てしまうケースも多いかもしれません。

ですので敢えて言い切ります。

泉忠司先生の情報を余すこと無く提供してる
ココこそが『世界最上流の極点』です。

さすがに人数限定の極上案件だけは、
規定数に達したら遠慮なく締め切るので
くれぐれもご了承ください

「新しい案件の準備ができ次第、すぐにでも知らせて欲しい!」

というビジネスセンスのある方には、

これまで公開された案件に加えて
他のものも情報開示でき次第

率先してメールで案内もお知らせします。

下記より会員サイトにアクセスしてください。

⇨ 最上流の情報が流れてくるポジションに立つ!

今後こちらの会員サイト及びメール案内の中で、

泉先生直伝の、日本の大臣クラスでさえ腰を抜かすほどの
「世界最高級の超VIP案件」をお伝えしていきます。

引きつづき鋭く目を光らせておいてくださいね。

いつも最後までお読みいただいて
本当にありがとうございます。